2014年05月29日

『チーナカ豆』建築部報告。

大塚まさじライブ-ウェブ.jpg


大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

6月8日(日)

開場:18:30/開演:19:00

料金:3000円(特製カルツォーネ+1ドリンク付き)

お問合せ:0854-88-4878



先日、地元紙山陰中央新報さんで紹介していただきましたが、
まだまだチケット販売しております。
多くの方に聴いてもらいたい、心に染み入る大塚さんのライブです。
ライブ後には、楽しい美味しい打ち上げもありますよ〜♪




さてここからは、『チーナカ豆』建築部の現在の仕事風景です。

前の古民家の改築が終わり、行ってみれば、陰鬱としていた台所がなくなり、
とってもステキな、囲炉裏の間から続く廊下の空間ができていました。
ビフォーを知っていたので、アフターにびっくりです。
そして今取り掛かかり始めたのが三瓶の民家。
昭和の建物がどのような変化を遂げるのか?

*************************************
5月26日。
あいにくの雨ですけれど、三瓶の志学に来ています。川合のN邸の改修工事は4月の末で終了して居ました。その後少し直しが有ったり、イベントへの出店があったりとバタバタしましたが今日から三瓶の志学のN邸の改修工事しっとりと始まりました。
近くに岳人というカフェがあったのでお昼時間を利用してコーヒー飲んでます。

10304502_632196776858863_5840611232659056781_n.jpg


7時30分、今日はここまで。
また明日。

10348996_632299650181909_3898934432736760797_n.jpg
1958225_632299660181908_667352407140054633_n.jpg



5月27日。
志学N邸改修工事2日目。
今日からフグリんが合流。
徐々にピッチを上げていきます。

10334286_632784366800104_7063779196706942220_n.jpg
10385304_632784446800096_6361335663632554322_n.jpg



5月28日。
志学N邸改修工事3日目。
二階から一階に降りて和室二つの解体作業。
押入れの屋根裏のようなところから落下物。エロ本?施主には年頃の男の子が居る。ここはひとつお兄さんが持ち帰って処分しておきましょう。
天井が低いので取り除き梁を表しにする予定。イケてるかも!

1377312_633208286757712_5516237179176371834_n.jpg
10390224_633208346757706_6401014531648281979_n.jpg
10418928_633208233424384_1429692133444911878_n.jpg



***************************************

『チーナカ豆』の改築の時もそうでしたが、前に住んでいた人の物を発見、物色するのも
なかなか面白いものであります(ときには辛くなることもあるけど…)
しかしまあ、タオルでマスクをし、エロ本を両手にカメラ目線のフグリンは、何者?!な写真ですね。

『チーナカ豆』建築部の進捗状況、またに続きます。
乞うご期待?!





posted by 豆 at 13:50| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

日曜日の夕方、ピザお持ち帰りできます!

数日ぶりに日差しが戻って、とても気持ちの良い日を過ごせます。

庭ではロケットストーブで切干大根を煮たり、大きな釜に煙突を刺した、
ちょっと面白い形で、籾殻を燃やしたりしています。
籾殻は2台目のロケットストーブを作るために燃やすそうですが、
予想外に燃えにくかったみたいで、ネットで調べて、
急遽、薪ストーブを買ったときについてきた煙突をさしてみたり、
空き缶で簡易煙突を作って、燃やしたりしています。

外はもう、寒くはないし、暑いぐらいの日差しが注ぐのですが、
火の熱さに嫌気は感じず、火とのやり取りが楽しい感じです。



昨日は友だちの家で一日過ごしましたが、お昼ごはんや夜ごはんは
薪ストーブやロケットストーブ、七輪などを使っての支度で、
それは確かに手間も時間もかかりますが、
ガスや電気には代えがたいものがある気がします。

夕食は、友だちの在する自治会の会長さんご夫婦や
借りている田んぼの大家さんも一緒でしたが、
60代後半や70代の方々なので、「昔はどこの家もこうだったよ」
と懐かしがっておられました。



世の中が変わって、いつの間にやら暮らしの中から火が少なくなっていますが、
もちろん、それがいいとか悪いではなく、
日中に煙を出しても何も言われない田舎に住み、
貰った廃材や手入れのために伐採した木をいただいて、ガスや電気を気にすることなく、
ご飯を炊いたり味噌汁を作ったりできることが、ありがたいことだなあと思いました。

『チーナカ豆』の厨房には大きなガスコンロもあり、助かることも多々ありますが、
石窯や薪ストーブなど、また最近はロケットストーブも加わっての薪火や炭火のお料理を
お客さんにも楽しんでもらえたらと思っています。




そんな『チーナカ豆』ですが、只今現在は予約営業になっているため、
お客さまにご迷惑をおかけしています。
せっかくご連絡いただいたのに、当日の場合は対応しきれないので
お断りすることになってしまうためです。
事前に、というのもなかなか難しいところなので申し訳無いのですが、
どうか前日(午前中)までのところでご予約をいただけると、本当に喜びます。
よろしくお願いいたします。



さて、今週末日曜日は夕方に、久々に石釜を焚きます。
実は、仁摩町で「恋活実行委員会」が立ち上がり、7月にサンドミュージアムと琴ヶ浜
で「恋活」が企画されています。
『チーナカ豆』としては琴ヶ浜でのバーベキューで生ビールをお出しすることになっています。
そして、今週日曜日が予行練習で、実行委員会の人の夕食としてピザを頼まれています。

ということは、
せっかく石窯を焚くので、ピザのお持ち帰りのご注文もお受けすることにしました!
ただし、夕方5〜6時の間のみのお渡しとなります。
急ですが、ご希望の方は明日中に、ぜひぜひご連絡くださいませ。
お待ちしておりますぴかぴか(新しい)











posted by 豆 at 16:55| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

今日はあいにくの雨模様。
実はユージンたち仁摩小学校の1年生と2年生は、琴ヶ浜へ遠足だったんです。
きっと雨で中止ですね。
もしも琴ヶ浜の『チーナカ豆』がオープンしていたら蜂合わせで面白いな〜と思っていたけど、
それも延期しているので、琴ヶ浜でのユージンとの顔合わせは幻になったかな。

ユージンたちにはあいにくの雨も、畑の野菜たちにはめぐみの雨だったりします。




先日の嵐による天井からの土埃が家のあちこちに散らばっているのが気になるので、
掃除しなきゃと思いつつ、先にブログでお伝えしておかねばならないことがあるので、書いています。

前回のブログ、久しぶりに豆さんが書いてくれました。
と言っても、「予告」という短いもの。
「本編」はここから?
  
大塚まさじライブ-ウェブ.jpg



大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

6月8日(日)

開場:18:30/開演:19:00

料金:3000円(特製カルツォーネ+1ドリンク付き)

お問合せ:0854-88-4878




久々の大塚さん。
島根は3年ぶりなんですね。
そうか、ののが生まれる前に唄いに来てもらっているから、
ののが2歳なので、それくらい経ってるなあ。
早いですね〜。
その間に、大塚さんは主演で映画デビュー(『父のこころ』)を果たしたり、
いろいろと変化があるのでしょうけど、そんなお話を聞いたり、心に染み入る唄を聴いたり、、、
とにかくまたお会いできるのがとても嬉しくて仕方ありません。
(個人的には、奥さまのまりさんとの再会も楽しみです)


ウィキペディアには、

「大塚まさじ(おおつか まさじ、1950年3月18日 - )は、大阪府出身のフォークシンガー。 1950年、大阪府茨木市に生まれる。

子どもの頃から家業の養鶏を継ぎ、牧場をつくる夢を温め続ける。高度経済成長期後半、周辺環境や養鶏業が著しく変貌していくなか、何とか夢を形にしようと家を出て、1969年大阪・難波元町の小さな喫茶店「ディラン」のマスターとなる。ここで西岡恭蔵、中川イサト、友部正人、高田渡、加川良など、今も交際が続く多くの人たちと出会う。ディランの常連の中からザ・ディランが生まれ、現在も継続中の大規模な野外コンサート「春一番」が始まり、店は関西音楽シーンの伝説的な場所となる。大阪の街と時代の熱気と人のエネルギーに煽られるように、いつの間にか歌い手となっていた。

1971年に永井ようとザ・ディランIIを結成。シングル「男らしいって解かるかい/プカプカ」でレコードデビュー。 1974年の解散までに「昨日の思い出に別れを告げるんだもの」など5枚のアルバムを残す。 1976年、ジャズテイスト溢れるアルバム「遠い昔ぼくは…」でソロデビュー。以後、「風が吹いていた」「海と空 月と闇」「STREET STREET」「アイノウタ」「風のがっこう」「一輪の花」など毎回、趣の異なるアルバムを発表し続けている。1985年 から全国ひとり旅ツアーを開始。現在も北海道から八重山まで、1年で日本を一周する唄の旅を続けている。俳優として、NHK銀河ドラマ「この指とまれ」、NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」に出演。著書に旅のエッセイ集「月の散歩」「月の道標」「旅のスケッチ」などがある。」(Wikipediaより引用)

そして今年、谷口正晃監督作品『父のこころ』で、主演で映画デビューもされました。

(実はエッセイ「月の散歩」の最後の方には、当時はまだ世間的には染色家で通っていた、後に『チーナカ豆』のマスターとなる豆さんとの出会いも書かれていたりします。)



若いミュージシャンとも親交が深くて、今や有名になったハンバートハンバートも、
その昔、「ハンバートいいよ〜」と大塚さんに教えてもらってからすっかり好きになった私です。
本当にステキな人柄の大塚まさじさん。
唄を含めた全てを楽しんでもらえるライブになると思います。
そして、石窯で焼くカルツォーネも美味しいですよ!

老若男女問わず、多くの方に聴きに来てもらいたいなと思っています。




さて、最後になりましたが、今週末は江津の街歩きイベント「ふらり」へ出店します!
年々規模が拡大していく「ふらり」。
今回は「パン祭り」が同時開催。
関東で人気のパン屋さんも参加されるそうです。
パン好きにはたまらない企画ですね〜。
行きたいなー行けるかなー。

『チーナカ豆』はアフリカンプレートを中心に出店。
2種のレンズ豆とキヌアのごはん、モロッコ風野菜の煮込み、ナイジェリア風の野菜のトマト煮込み、サラダ、自家製サワー種の黒パン、にシシケバブorファラフェルを添えて。
という豪華なプレートをご用意します。
数量限定なのでお早めに!
軽食、お持ち帰りメニューとして、サバサンドもありますよ。
お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)



あ、そろそろユージンが帰ってくる時間です。
どんな顔して帰ってくるかな〜。
今日は遠足なくなったけど、明日は神楽の練習があるね!とでも言えば、すぐに笑顔になりそうです。
宅野こども神楽は毎月第三金曜日の夜が練習日。
最近はののも神楽にはまっていて、ユージンの卒園式のときの宅野おとな神楽「大蛇」の動画をよく見たがったりしています。
なのに、今日ののは自分で誤作動をして、動画を消してしまいましたexclamation
今後、どう取り繕う…?!
ちなみにののは神楽のことを「おばけ」と呼んでたり。

明日はののも連れて練習を見に行こう。







posted by 豆 at 16:44| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

「予告」 大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

大塚まさじライブ-ウェブ.jpg



今年、谷口 正晃 監督作品『父のこころ』で、
しかも。主演で映画デビューを果たした大塚まさじさん。
3年ぶりの島根で、『チーナカ豆』です。





posted by 豆 at 08:29| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

今週末、母の日は「だるま通り」へ!

ぽかぽか陽気ですね。
この間のGWの連休中は久々に琴ヶ浜での仕事でしたが、夏の海のような日もあって、
砂は暖かく、空も海もどこまでも青く、とてもきれいでした。

準備もままならぬバタバタと始まった臨時営業も、無事に終えることができました。
友人知人がたくさん来てくれ、新しいお客さんとの出会いがあって、とても嬉しかったのと、
新しい仲間を加えての海の営業は、今後の海の営業の予行練習みたいで、いろいろと考えることができました。

新たなメンバー作ちゃんは、ドイツに13年在住、昨年の7月に日本に帰ってきたばかりです。
アフリカ、中東、ヨーロッパ、インド、日本など、いろいろな国の料理に精通しているだけでなく、
スパイスを独自に調合したり、野草をうまく料理に合わせたり、
菌と話せたり(味噌、漬物、酵母、酵素、、、、発酵ものの達人!)、
でもその実、本業はアニメーション作家、という、
何だか、大工やピザ職人や、これまでもいろいろやってきたけど、本職は染色家な豆さん、
みたいなマルチなところがあります。
これからの『チーナカ豆』の料理が奥深くなっていくこと間違いなし?!
ご期待くださいませ〜(^^)

そんな作ちゃん、今年から田んぼを始めることになり、今現在は草刈真っ最中、
また畑ではお店で使うスパイスを育てたりもする予定です。
有機で育てたスパイスはどうも違うらしいです。
お野菜、お魚、お肉、、、良い素材はそのままでも美味しいですが、
魔法の粉をちょっと加えて、また少し違う美味しさにしたものも、お客さんに楽しんでもらいたいなあと思っています。

一方、豆さんと言えば、最初の古民家の改修工事が終わり、一息ついたのも束の間(と言うか、結局琴ヶ浜の営業で休めなかったのですが・・・)、次の三瓶での民家改築工事が始まりそうです。
最近はもっぱら『チーナカ豆』建築部の仕事。
もはや本職を大工に変えてもいいのでは、などど思ったり思わなかったり・・・。




さて、今週末は「だるま通りマルシェ」です。
『チーナカ豆』皆勤進行中。
今回は2種類のサンドイッチ、カレー、シシケバブで出店します。
詳しくはぜひ、だるま通りマルシェのブログをご覧ください。
ほかの出店者の方々もとっても魅力的です。
大田で始まった、まだまだ若い、これからのマルシェ。
改善点も多々あると思いますが、一回一回パワーアップしながら、みんなで盛り上げていけたらなあと思っています。
当日は母の日。
お母さんとのお出かけや、お土産を買いに、だるま通りにいかがですか??









posted by 豆 at 15:34| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。