2015年02月18日

出張石窯ピザ屋さんと一日一組限定のコース料理レストラン

resize1200.jpg



先週日曜日は寒さが和らいでいて、過ごしやすい日でした。

琴ヶ浜のある仁摩町馬路に、人が入らなくなり荒れている里山を手入れしようと
「城上興山」というちょっとおもしろい名の保全グループが立ち上がっています。
林野庁が県に委託して行っている山の保全事業から、補助金が3年間出ることになっていて、
その間、補助金を利用して馬路の里山を手入れし、
間伐材などは利用できるようにしようというものです。
全国的な取り組みらしいですが、島根県ではまだ、他県に比べ応募が少ないそうです。
補助を受けられることになった事業の中には、予定の予算を消化できなくて
年度末には、使えなかった分を返金という例もあるようです。
我らが「城上興山」でも、年度末も近づき、
折角の予算を何とか消化しようと、熱が入ってきているようです。

そんな訳で、暇そうに見える豆さんにもお声がかかり、「城上興山」に入っていて、
最近はもっぱら山の仕事に借り出されることが多くなっています。

resize1175.jpg
resize1178.jpg
resize1179.jpg
resize1180.jpg


resize1196.jpg


伐採された木は、イベントを催して活用したり(1月は門松作りでした)
薪にして積み上げられているものも多いです。
先週の日曜日は、その薪を燃やして、石窯ピザを食べよう!という企画がありました。

実は、『チーナカ豆』の石窯が完成する前に、馬路には既に石窯第一号が存在しています。
馬路に有機無農薬で野菜を作っている藤井さんという方がおられますが、
その畑の奥の方に、ドーム型の石窯が、みなさんの手で作られています。
馬路に多い左官さんも加わっての石窯は完成度も高く、
鉄製の扉は、篠原メタルさんに特注で頼んだもので、これまた立派!
ちょっとうらやましー。

日曜日は、その石窯でピザを焼いて食べることになりました。
ピザ作りを任命されたのはもちろん豆さん。
使ったことのない石窯でしたが、経験を積んできた中で培ってきた「窯を焚くコツ」を
持ってして、とてもいい具合に焼き上げることができました(と思います)
食べに来られた方々もおいしいおいしいと喜んで下さって良かったです。

石窯は、畑の奥の、きれいな小川のほとりにあり、
朗らかな冬空の下、外でいただくピザはとってもおいしく、
こどもたちも草っぱらや畑で遊べて楽しそうでした。

resize1195.jpg
resize1193.jpg
resize1194.jpg
resize1203.jpg
resize1202.jpg
resize1201.jpg




と、楽しく仕事ができた日曜日、でもこのままでは終われませんでした。

夜は久々のコース料理のご予約。

馬路から帰るや否や、料理の仕込みと掃除と、
歩くところがないほどにののが散らかしたおもちゃの片付けやユージンに宿題をさせたり、、、
集中力が低下してくるのを感じつつ、時間に向けてひたすら手を動かす…。

無事にお客さんをお迎えすることができました。
子どもたちが大きくなってきたのに伴い、夜の営業も少し楽になった感じ。
全体的にうまくこなせて良かったです。

最初のひと皿は、果物を使ったインド風サラダとシシケバブ、ファラフェル(フムスのソース)。
ふた皿目。赤レンズ豆とカリフラワーのスープ トルコの香り。
さん皿目。野菜のまるごとオーブン焼き(バターナッツかぼちゃ、赤大根、菊芋、レンザン)
よん皿目。石窯ピザ3種類。
ご皿目。舌平目のチュニジア風トマト煮込み、クスクス添え。
ろく皿目。まるごとりんごのパイ包み焼きと黒糖アイスクリーム。

呑んで食べて、とても楽しそうに時間を過ごしていただきました。

resize1204.jpg
一皿目だけは写したんですけれど・・・・。
resize1206.jpg




充実した一日の『チーナカ豆』でした。






posted by 豆 at 16:55| 島根 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

琴ヶ浜の『チーナカ豆』改造工事中!(石窯篇1)

resize1167.jpg
resize1168.jpg



雨漏りです。多分、二ヶ所。
石窯の煙突工事で屋根に上がるので
その時、ついでに、直すことになりますね。
さて、誰が言ったのか、二月は「にげる」・・と。
実に、うまいことを、言うじゃありませんか。
真に、おっしゃるとおりであります。
今年はやりますよといって、空いた口が塞がらないうちに
もう、二月も半ばを過ぎますよ。

なにごともシンプルがよいなと考える方ではありますが、
生きているということが物事を複雑に混ぜこぜてしまいます。
ものごと、絵に描いたような予定通りには進みませんけれど
笑顔を思い出すようにしながら進みたいなぁ。
さてさて、いろいろと野暮用事も入って来るのですけれど
石窯作り、進めております。
取りあえず、石窯周辺工事はいったん止めて、
石窯の土台作りへとコマを進めました。
これが無いことには、石窯本体に手が付けられませんものね。

先週は、ちょっと、冷え込みましたよね。
セメントって0度より下がると固まらないんです。
というのを、思い出しました。
厨房のガス台の一部を壊したときに出たブロックが
そのまま捨てるには勿体無いので、使うことにしたのですけれどね。
セメントで固めたつもりが、翌日、触ってみると・・ポロリと。
ああ、そうだったと、急ぎロケットストーブを持ち込みました。

resize1169.jpg
resize1172.jpg


ホームセンターで新しいのを10個程買って来て現状はコレです。

resize1173.jpg



今週末は、最近知り合った、島根にIターンで来られた
若い家族の住まいの改装の手伝いで土曜日。
日曜日は、馬路で山の手入れの手伝いをしている
「城上興山」という会の開く薪割りイベントでピザを焼くことになっていて。
実は、石窯が在るんですよ。国道9号から琴ヶ浜へ向かう
途中の畑の片隅に、ポツリと。
この辺りで自然農ををやっておられるご老人や
その仲間の方たちで数年前に作られたそうなんですが、
ピザの焼き方が判らなくて、作ったものの
ほとんど使われていないということなんですけれど、
僕の方の石窯つくりが間に合わなかったので
使わせて頂けることになりました。
しかも、その夜にはコース料理の予約が入っているという
ハードな週末となっているんです。
というわけで、石窯つくりの続きは、
週明けということになりますね。

ところで実は、年末年始体調を崩し正月の
宅野子ども神楽団の公演に参加できなかったユージンでしたが、
昨日11日の宅野子ども神楽団発表会で演目「鬼」で
無事、デビューをはたしました。


resize1181.jpg
resize1182.jpg
resize1183.jpg
resize1184.jpg
resize1185.jpg
resize1186.jpg
resize1187.jpg





posted by 豆 at 01:56| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

琴ヶ浜の『チーナカ豆』改造工事中!(石窯周辺篇4)

resize1154.jpg



管轄の保健所へ行ってきました。
二年前、海の家の「琴ヶ浜食堂」を引き継いだとき
営業許可を新たに取り直すことになったんですけれど、
その時、検査に来た職員の方に将来石窯を作る予定だ
と、いうことは話していました。
職員の方からは、あ、そのとき、また相談してください
と言われていた事と、結構な厨房の改造になってしまうので
ま、保健所に行かんといかんなぁとは思っていたのですね。

ただ、もうちょっと、後でもいいかなと思いながら
作業をしていたわけでありましたが、
そうもいかん出来事が起きました。
店舗内に石窯を作っているのを見た人が
それは、ちょっと、不味いんじゃないか、
絶対消防法に引っかかる筈だから、強く懸念していると
知人を通して、言って来られました。
見に来られた時、直接、聞いてくれてよかったんですけれどね。
間に入った人の立場の問題ということもあるなぁと、、
じゃぁ、まぁ、保健所へ行って確認して来ましょう
ということで、上のラフスケッチ持参で行って来たのです。

そんな筈はないけどな、と思いながらね。
だって、美味しいピザ屋さんの特集とかなんとか
雑誌の写真を見ても、みんな`中´にあるものね。
見たこと無いなぁ、外ってのは。
いや、あったあった。
八雲時代の『チーナカ豆』は外にありました。
なので大変でしたよ、走って、走って、
一度だけ、躓いてピザ落としたことがあったなぁ。
土埃にまみれたピザを拾い上げながら、
情けない気持ちになったものです。
誰にも文句言えないしね。


スケッチを見せながら説明したところ、
職員の方の話では、外に作りたい相談はたまにあるけれど、
中に作られるのなら、基本的には問題ないですよ。
ということでした。そうか、ということは、
宅野の『チーナカ豆』の石窯はギリギリセーフ。
八雲『チーナカ豆』の石窯はジャストアウトだったのね。
そんなこと、考えもしなかったなぁ。
間に入った方に、セーフと伝え、一件落着。
まぁ、いろんなことが起きて来ます。・・・・これからも。

2月に入ったかと思うと、あっという間に5日が過ぎて。
文句言ってもどうにもならないし。
いろいろありながらやりながらだけれど
前の方に、進めないとね。
そういえば、昔、あったね、こんなうた

三歩進んで二歩下がる。


resize1157.jpg
resize1158.jpg
resize1160.jpg
 
resize1162.jpg
 
resize1164.jpg




posted by 豆 at 00:51| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

立春。

外は相変わらず寒く、冬真っ只中という感じなのだけど、
八幡宮へ続く参道の脇の梅の蕾が少しずつ膨らんできているのに気付くし、
先週訪れた山の方の友達の家ではふきのとうを発見したし、
次第に、朝が明けるのが早く、日が暮れるのが遅くなっているのが分かります。



宅野八幡宮では昨日、節分の神事が行われ、豆まきの後にとんど焼きがあって、
ユージンの宿題が終わらなくて豆まきには間に合わなかったけれど、
毎年恒例で用意されているぜんざいをいただき、とんどの火に炙られたスルメをかじりました。
空を見上げれば、ほぼまんまるのお月さま。
ののは「ボールみたい」と喜んでました。
毎年の当たり前のことが、ありがたいです。



世の中に悲しい辛い話は多く、もちろん嬉しい楽しい話も沢山あるのだけど、
自分にできることを頑張るしかないんだろうな、と思いながら想いを馳せます。
そんな気持ちの中で、立春の前の日には、お世話になっている方の娘さんが二十歳のお祝いに誕生日ケーキを注文して下さったので、楽しい想いを込めて作りました。

ジャン、琴音ちゃんバースデーケーキるんるん

resize1135.jpg



琴音ちゃんは、生まれたてほやほやの、馬路のシンボルキャラクター。
ほっぺと手のハートにタッチすると幸せになれるのだそうです。

初めて作った琴音ちゃんクッキーは、ちょっといびつなとこもありましたが、
喜んでいただけたので良かったです。
琴音ちゃんクッキー、馬路のお土産にいいかも?

次回のブログは、豆さんの改装報告です。
お楽しみに〜グッド(上向き矢印)






posted by 豆 at 15:05| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。