2008年12月28日

百年に一度の危機

derika19.jpg


景気ということでいうと、
うちは、ず〜と悪いので、
それほど肌身に感じる、というのでもないのですが、
というか、ず〜と、骨身に突き刺さっておりますので、というか、
ネットのニュースなどを読んでいると、
世間では、相当、いくところまで、いきつつある
という感じが、伝わってきます。
内定が取り消されたり、何万人という
派遣や、非正規従業員の契約が、突然打ち切られたりと
この歳の瀬に、冷たい風が吹き荒れてます。

この、「みぞう」の経済危機の引き金を引いたのは
米証券金融業界が画策した、ほとんど詐欺といってもいいような
サブプライムローン問題が発端のようです。
記事などを読んでいると、少なくともそんなふうに、
ぼくの目には映っています。
詳しく説明することは、僕には無理そうなんですが、
新聞などで、この問題が取りざたされるようになったころ
確か米国の大手投資銀行メリルリンチだかの、
CEO(最高経営責任者)が会社に多大な損害を与えたということで
引責辞任した記事が出ていました。
読んでみると、会社側は引責辞任した、じいさんに、
185億円の退職金を支払ってるんですよ。

そのじいさん、一体、何者なんですか?
会社に破綻するほどの損害を与え
ほとんど、百年に一度といわれるような経済危機の
片棒を担いだ、じいさんがですよ、
な〜んか、ヘンでしょ。

円満退社だったら、幾ら貰えたのか知りませんけど
それで責任を取ったことに、なるというのなら
根元のところで、何かが違う特殊な社会が、べっこにあるということになる。
大体、人って、そんなにお金いらんでしょ。
意味ないじゃないですか。
寝て、起きて、食って、また寝るだけですよ。
なんか、視えない、もうひとつの分厚い社会が
僕たちの見知っている、社会の上に
覆いかぶさっていて、押さえ込まれてる感じしませんか。
僕らがふだん目にしたり、感じたりしている、この
見慣れた風景の中に、
実は、目に視えない大きな食卓が、どっかりと据えられていて、
そこで食べ散らされ、落ちてくる残飯で、
僕たちは、生かされている。

鏡を見ながら、自分の顔で、どうしても気になる、
ヘンだ〜、という部分があって
思い切って整形手術して、
よし!これでいいぞ、と鏡を見てみたら、
なんだ、前よりも悪くなったじゃないか、
みたいな、たとえ話を、吉本隆明さんが
随分昔、なんかの本に書かれていました。
これは、資本主義と社会主義の関係を指していっているんです。
が、昔、ベルリンの壁が壊れ、
続いてソビエト連邦が崩壊したとき
所謂、西側陣営の政治権力者や大企業の資本家たちが、
ほれみろ!自分たちのシステムの方が勝ってるんだ
勝った!勝った!アカに勝った〜ぞ!
みたいなことを、紅白歌合戦じゃあるまいし
うかれて、盛んにいっていたわけですが、
その後の世界の展開を見ても
もともとの顔が、やっぱり、ヘンだ
ということには変わりないわけです。

あの、メリルリンチの「じいさん」の退職金を捻出する為に
どのくらいの従業員の首が切られ、
或いは、日本の、老後を憂う一般の人たちの
なけなしの貯蓄が、かすめとられたのか、
そのからくりは?
きっと、権力の裏側には黒幕がいて、
なんて、いうのは映画や小説だけの話ではなくて
ぼくたちの現実の、現実かもしれません。
これまで、良いとされ、そう思わされてきたことが
ちょっと待てよ、そうじゃないんじゃないか。
少しづつですが、見えるようになってきてるんだと思えます。
こうなったら、とことん、考えて、
疑ってみてもいいんじゃないかと思うんです。
いろんなことを・・・。

なんか、ヘンですよ。やっぱり。


もうやだ〜(悲しい顔) 業務連絡です。
今日、28日のカフェに、仁多から来て頂きました、おふたり(ご夫婦?)さま。
ごめんなさい!計算を間違えて、5百円ほど多く頂いてしまいました。
気付いたときには、遅かったんです。僕の方では、ちゃんと、おふたりのお顔を覚えておりますので、もしついでがあって、この近くを、お通りになられる時がありましたら、お立ち寄り下さい。
或いは、次に『チーナカ豆』へ来られた時に、料金からお引きいたします。
大変、ご迷惑をお掛けして申し訳もありませんが、宜しくお願い致します。          店主


「さよなら2008」


(つ) つかの間が 廃止期間で 暫定ウン十年    (乱高下ガソリン小売価格)
(ね) 年表には サブプライムの 年と書き    (先進国同時不況と書いても・・・)
(な) 名ばかりの 管理職です 過労です    (残業させ放題)
(ら) ライバルは せんとにまんとに ひこにゃんか    (ゆるキャラブーム)
(む) 無念です 年収千八百万 ありません    (金持ちのふり)
(う) うそ・だまし いじめだらけの くにになる    (自分さえよければ・・・)
(ゐ) 「いうよねぇ」 北京も堂々の 口パクよ    (エアー○○も芸術か)
(の) 望み半ば アフガンに斃れた NGO    (現地にとけこんでいたのに)
(お) 小浜(おばま)市は うかれる あとまだ 四年はあるぞ    (小浜温泉も)
(く) くれてやる 給付してやる もうすぐ選挙    (どちらもまだ)
(や) やめてよね 大麻買ったり 育てたり    (スポーツ界もキャンパスも)

年忘れ いろは 川柳 (2008年度版) 長沢 敬
posted by 豆 at 04:12| 島根 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新聞もいいですが、ネットの情報も見た方がいいと思いますよ。

最近麻生批判の報道ばかりですから

民主党の正体 というHPはおススメです。

あと、オークラ出版 から出ている

「反日マスコミの真実 2009」もおススメです
Posted by 喜撰法師 at 2008年12月29日 11:02
今の世界を疑っている方々へ

以下はCIAが標的にしている極秘サイトです。
クリックしただけで、PCが壊れます。

http://alternativereport1.seesaa.net/

http://pranking10.ziyu.net/html/inkyo.html

http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/index.html

http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/

http://www.benjaminfulford.com/
Posted by 元CIA八雲支部長 at 2008年12月29日 21:34
喜撰法師 さん

実は、新聞は止めたので最近はネットばかりなんです。
子供の頃に見えていた政治家の姿(大きさ)と、
彼らと大して年が違わない、年齢になってきて
見えてくる彼らの姿(大きさ)とを比べると、小さく感じます。随分と小粒になってしまったなー政治家が、そんな感じがするんです。
麻生がどうのこうのというよりも、自民党自体が、ああ〜、もうこの党は、駄目なんだなーと思えています。
じゃー、民主党は?というと、このブログでも紹介した石井紘基氏が残した、資料の扱いを見ても、期待できない。
この番組のなかで菅直人は資料のことで、歯切れが悪いというよりも、明らかに誤魔化しを言っています。自民、民主問わず、困る奴がいるということでしょう。それも可なりの人数。
ただ、システムとして、政権が変わるということはあったほうが良いと考えています。

Posted by 豆 at 2008年12月30日 02:46
元CIA八雲支部長 さん

流石、元CIAだけあって、、持ち駒が豊富ですね。
なんとか、PCは壊れずに耐えております。
次の報告書、待ってますよー。
Posted by 豆 at 2008年12月30日 02:52
うぉんうぉ〜!
あたたかなストーブのそばでデリカさんと共ににいねむり。。(幸せな妄想)
Posted by きんくま at 2008年12月30日 10:39
おかあさんの許しが出て、
デリカもやっと、
ストーブのそばでくつろげるようになりました。
そろそろ、デリかも一緒に居眠りする
ともだちが、いたらなーと、
思っているはずです。
Posted by 豆 at 2008年12月30日 13:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。