2015年08月17日

盆三日間が終わりました。

resize1567.jpg


毎年、琴ヶ浜で行われる盆の行事、盆踊り。

浜に櫓(やぐら)を組み、その周りを、浴衣姿の馬路の人や遊びに来た人が
太鼓と‘口説き’(唄)に合わせて踊り明かす3日間。
盆提灯の明かりの中で、波の音も感じながら展開される盆踊りは
幻想的で、ここだけにしかない盆まつりです。
馬路の人も帰ってくる人も、この3日間は、踊って、飲んで、話して、食べてを繰り返します。
再会や子どもたちの成長や、いろんな「一年ぶり」が盛り込まれていて、
踊りも、話も尽きない時間。
きっと、毎年のこの時間を本当に楽しみにしている人がたくさんいるんでしょうね。
一年に一度の特別な3日間です。




そして、琴ヶ浜の『チーナカ豆』にとっても特別な3日間。
というのも、3日間毎晩、夜中の2時、3時(4時)まで、
飲む人食べる人が途絶えないので、営業しておかなければならないのです。
翌日は翌日で、海水浴に来る人がいるので、お昼の営業があります。
合間に仕入れや仕込みも済ませないといけないし・・・。

今年は、雨が降って、あるかないか直前まで焦らされた初日、
お客さんが多くてビックウェーブの連続だった二日目、
帰省客が戻り、地元の人で少し落ち着けた三日目でした。
怒涛の3日間、両親や親類の力も借り、今年も無事に終わってほっとしています。
14日はののの4歳の誕生日で、バタバタの中でしたがお祝いもできました。
バイトで手伝ってくれた友人たち、豆さん、本当にお疲れさまでした!




実は盆最終日の15日夜、3年前から始まっている、
宅野おとな神楽とこども神楽の共演大会がありました。
今年、その共演大会でユージンが初舞台、「トロリ」の演目を果たしました。
「トロリ」は宮司さんの姿で、舞台の上をお祓いしながら歩く、といった最初の演目です。
今後繰り広げられる豪快な舞の前に、間をお払いをして清める、
という意味を持っていそうな舞です。
トップバッターでしたが、堂々と舞うことができ、立派でした。

お店の営業が始まる前に駆けつけて、「トロリ」しか見ることができませんでしたが、
その後の神楽も見たかったなあ。
共演ということで、おとなだけ、こどもだけとはまた違った面白さがあります。
おとなと子どもが混ざった「鬼」や「狐」「獅子舞」なども見所です。
毎年行われてゆくと思うので、みなさんぜひ宅野共演神楽も見に来てほしいなあと思います。

iphoneの容量が足りなくて、少ししか撮れませんでしたが、
ユージンの「トロリ」ご覧下さい。





さて、盆が終わり、夏の営業も少し落ち着いてきましたが、
まだまだ夏メニューで営業しています。
天気が悪かったり、臨時休業もあるかもしれませんが、
海に遊びの際にはお立ち寄りくださいわーい(嬉しい顔)

また、20日夜、石窯を焚き、ピザを焼くことになっています。
数種類のピザをご用意できますので、お越しくださいませ。
なお、事前にご予約いただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。





posted by 豆 at 11:27| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/424307682
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。