2014年11月05日

秋の琴ヶ浜。

11月に入った最初の日、ユージンの小学校初の学習発表会がありました。
1年生は、「りっちゃん」のお母さんが病気なので、元気になるサラダを作ろう!
という内容の劇で、「りっちゃん」がサラダを作るのを、さまざまな動物たちが
手伝ってあげるというストーリーです。
初めての発表会だし、私と同じ「りっちゃん」なので、楽しみにしていたのですが、
前日の夜に高熱を出し、当日朝は微熱がある状態で迎えました。
大きな声を出せない…、と本人はしぶっていましたが、
せっかく練習してきたのだから、と1年生の発表の間だけでも頑張って出ようということになりました。
心配をよそに、本番は、熱があるのを忘れるくらい、大きな声でしっかりと、
郵便屋さん役の台詞を言ったり、歌を歌ったりとできたので、感心したところでした。

が、

その後また熱が上がり、2日ほど寝込んで、まだ回復途中です。
今朝は耳が痛いと言い出したので、学校を休み続けています。
ユージンの前には豆さんが4日ほど寝込んでいるし、
だんだんと寒さも増してくるから、気をつけないといけませんね。

連休中は仁摩で行われた産業祭にも出店しましたが、寒くて人の出足もにぶかったようです。
私はユージンの看病で、店番がほとんどできませんでしたが、
足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。



昨日はユージンのリハビリも兼ねて、秋晴れの中、散歩に出かけました。
同じく回復途中の豆さんも、大工仕事を休んで一緒に散歩です。

resize0808.jpg


ほおずきの、まわりの皮?がはがれ、繊維のようなものだけになったものを発見!
終わりにはこういう姿にもなるんですね。

resize0809.jpg


夕方は少し、琴ヶ浜へも行ってみました。

resize0811.jpg


見事な流線型の模様を描いている砂浜になっていました。
この模様は、暖かい時期には見られない気がするのですが(たまたま見ていないだけかもしれません)
どういう条件の元、描かれていくのでしょうか。
風が強いだけ????

resize0810.jpg


秋晴れの琴ヶ浜は、風で少し寒かったものの、相変わらずとても美しいのでした。







posted by 豆 at 11:09| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

秋の日の一コマ。

resize0792.jpg



秋晴れの気持ちの良い日が続いてくれます。
昨日は仕事で三瓶へ上がりましたが、始まっている紅葉を傍らに、
窓を開けて車を走らせるのが心地良く、
宅野や琴ヶ浜での仕事、どこかのお祭りへの出店などとはまた違う感じの、
新鮮な気持ちでお仕事をさせていただきました。
私は、ユージンが生まれてから、グリーンコープ生協というものを利用していて、
これは九州から始まったものですが、安心・安全でおいしいものを、
生活に負担がない範囲で購入できるということで、大変助かっています。
家族のこと、お客さんのことを考えると、人の手が掛かった、ちゃんと作られているものを使って
料理をしたい、と常日頃思っているので、グリーンコープの存在はありがたいです。

さて、出雲から大田の辺りでの組合員の方々が集まった会でしたが、
そこで、グリーンコープの食材を利用して温かい丼ものを作り、召し上がっていただくというのが、
今回の私の仕事でした。
レシピが二転三転して、試行錯誤、最終的に仕上がったのは、
ごぼう入りれんこん団子の野菜たっぷりあんかけ丼。
みなさんにとても喜んでもらえたので良かったです。

子どもさんのいるご家庭にはもちろん、どなたにもおすすめのグリーンコープですよ〜(ちょっと宣伝)



今週末は11月(もう月が変わりますね!)1日土曜日に
ユージンの、初!小学校の学習発表会があります。
郵便屋さん役のユージン。
どんな感じにセリフを言うんでしょうかね〜、楽しみです。
そして3日文化の日には、仁摩の文化祭と一緒に催される、商工会主催の産業祭でに出店させていただきます。
『チーナカ豆』は、石窯チーナカパンの焼きさばコロッケサンドとタンドリーチキンサンド、カレーで出店する予定です。
近くにお越しの方は、ぜひお立ち寄りくださ〜いわーい(嬉しい顔)

resize0656.jpg




posted by 豆 at 15:48| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

イベントづくしの10月です。

10月、秋、慌しく過ぎています。
先々週末は、琴ヶ浜でのおそらく今年最後のライブ。
太鼓の音と、楽しい歌とギターが鳴り響いた海でした。



翌日は出雲のお祭りに参加したオーガニックマルシェに出店。
ここでは、一般のお祭りに出店する難しさを再認識〜。
ユージンは遊び回って、どじょうの手づかみなんかも体験できて、満喫できたのが幸いかな?

ちなみに、生き物を捕まえては飼うことにはまっているユージン。
現在は、先ほどのどじょうと、カブトムシ、クワガタムシを飼っています。
特にムシ君たちには長生きしてほしいな〜。
カナヘビやヤモリを捕まえたとき、1日目はバッタの赤ちゃんを捕獲して、
餌やりしていましたが、その後は2週間ぐらいほったらかし。
私が言ってようやく逃がして、彼らも命拾いできましたが、
2週間も飲まず食わずで、大変だったろうな…。
その前はカメやらカエルやら、青虫やらありました。
成功?したのは、青虫で、見事さなぎから蝶になり、飛び立っていったのには感動でした。

resize0514.jpg



さてご報告の続き。
15日の例大祭は、晴天の中無事に終わり、

resize0468.jpg

resize0478.jpg

resize0480.jpg

resize0493.jpg



その週末は、さんべまつりでの太陽感謝祭とハロウィン&だるま通りマルシェ。
太陽感謝祭は、とっても楽しい内容でしたが、場所が奥まった場所にあったために、
人々に知られない存在に…。
結局予想外の少ない人数での感謝祭になりました。

でも、出演ミュージシャンは、濃く、豪華な面々。
自然に囲まれた芝生の上で、太鼓や他楽器が鳴り響いて、それは素敵な間でした。
そして、最後はみんなで太鼓や様々な楽器を奏でながら、
キャンプファイヤーの周りをぐるぐる回りながら踊って、
最高に楽しい時間になりました。
ののも、ののなりにかわいく踊ってましたよ〜。
毎年、どこかで太陽感謝祭やりたいなあ。
琴が浜なんかもいいね〜まつくん。



(覚書)
・さんべまつりプレート
  (太田産米七分付きごはん・焼きさばコロッケ・かぼちゃとさつまいもの胡麻風味
   蓮根とひじき、水菜のサラダ・人参のポタージュスープ)
・うどん(きつねうどん、とまとうどん)
・カレー(かぼちゃカレー、南インド風ココナッツチキンカレー)
・スコーン(バナナ、チョコ、全粒粉 *卵・乳不使用)
・飲み物各種



そして翌日の先週日曜日は、今年もやりましたハロウィン。
仮装出来る楽しみもあり、多くの方々が来て下さって良かったです。
やっぱり、参加できる、ってのはいいですね。
また今回はチーナカ的にも、さんべまつりでたくさん残った食材を、
違う形でハロウィンで生かせました。
もったいないことにならなくて本当に良かったです。
ありがとうございました。
ののが8ヶ月のときに始まっただるま通りマルシェ。
続き、発展していければ、と思います。

resize0511.jpg

イベントの火の朝は、しびれる!この日は予定より1時間遅れでようやく出発。何を隠そう前日の太陽感謝祭では2時間遅れ!肝ががすりつぶれそうになる。この子らよ、早く大きくなーれ。

そして今週末はマルイガスの感謝祭での出店を依頼されたので、行って参ります。
他の出店者さんとの兼ね合いで、うちはシシケバブ!
仕事してきますよ〜!

resize0513.jpg



ちなみに明日は、ののの保育園の親子活動で、ミニ運動会。
今までは、町内運動会と一緒にやっていたけど、今年は園だけの運動会。
どんな感じになるのかな〜。
楽しみでするんるん





posted by 豆 at 14:58| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

チーナカ豆建築部、終盤です。

昨日、宅野では町内運動会でした。
巨大な台風が来ているので、できるかなあとも思っていましたが、
途中雨がぱらついたりしたものの、無事に終了することができました。
家は近くとも、平日は仕事で出ているし、休日はまた何かしら用事があったりして、
顔を合わせることが少ない現代人。
田舎も例外でなく、普段は町も静かです。
でも昨日は、子どもから年配の方まで多くの町の人がまちづくりセンターの運動場に集まって、
競技に参加したり応援をしたり、みんなが運動会を楽しめました。

こんな風な、町ぐるみでおまつり的に楽しめる行事はいいなあ、もっと頻繁にあってもいいのになあ…
と思っちゃったりもしますが、たぶん、準備が大変ということが一番問題にされるんでしょうね。
それはうちでもやっぱり、毎回のイベントに起こり得るのでよく解ります。
それでも、ちょっと踏ん張れば楽しいことも。

秋なので、これからは町内も行事が続きます。
今月15日は宅野八幡宮の例大祭、来月は文化祭。
そして『チーナカ豆』でも、
11/23(日)にオーガニックチョコレート作りのワークショップ「カカオラボ」の第2回目が、
また12/6(土)には「南正人」さんが唄いに来てくれます。
みなさん、お忘れなく〜、町の方々もぜひどうぞるんるん



さて今日は、豆さんも仕事を休んで、米子まで出かけてきます。
昨年亡くなられた、織物作家のいもじやさんの追悼展を見に。
いもじやさんには大塚さんのライブで本当にお世話になりました。
実はその作品をちゃんと拝見できるのは初めて。しっかりと胸に焼き付けておこうと思います。
途中食材の仕入れなんかもしたいけど、この台風で道路状況も良くないから、安全運転で行ってきま〜す。

「織師 いもじや秀次郎 追悼展」
10月3日(金)〜10月7日(火) 米子市美術館




最後に、大詰めを迎えた豆さんから、仕事の様子のご報告。

**********************************************************************************************

志学N邸改修工事現場から。
ほぼ建物内部にキリが付き、残るは、デッキということになりましたよ。
5年振りの漆喰塗りも何となく慣れてきて調子が上がってきた頃に塗る壁が無いというところです。
今なら結構早いですよ。
この数日、ここにこんな物があると嬉しいんですけれど、
という要望に応えるというような事をしていたのです。
お題を次々に頂いて、その場で懸命に小噺を絞り出していく落語家さんみたいで、
結構、楽しかった。
これはけっこう、老化を遅らせるエクササイズにもなりそうだ。

工事1.jpg


工事2.jpg


工事3.jpg


工事4.jpg


gasu.jpg


otama.jpg


sentaku.jpg


daun.jpg




posted by 豆 at 07:53| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

日曜日の夕方、ピザお持ち帰りできます!

数日ぶりに日差しが戻って、とても気持ちの良い日を過ごせます。

庭ではロケットストーブで切干大根を煮たり、大きな釜に煙突を刺した、
ちょっと面白い形で、籾殻を燃やしたりしています。
籾殻は2台目のロケットストーブを作るために燃やすそうですが、
予想外に燃えにくかったみたいで、ネットで調べて、
急遽、薪ストーブを買ったときについてきた煙突をさしてみたり、
空き缶で簡易煙突を作って、燃やしたりしています。

外はもう、寒くはないし、暑いぐらいの日差しが注ぐのですが、
火の熱さに嫌気は感じず、火とのやり取りが楽しい感じです。



昨日は友だちの家で一日過ごしましたが、お昼ごはんや夜ごはんは
薪ストーブやロケットストーブ、七輪などを使っての支度で、
それは確かに手間も時間もかかりますが、
ガスや電気には代えがたいものがある気がします。

夕食は、友だちの在する自治会の会長さんご夫婦や
借りている田んぼの大家さんも一緒でしたが、
60代後半や70代の方々なので、「昔はどこの家もこうだったよ」
と懐かしがっておられました。



世の中が変わって、いつの間にやら暮らしの中から火が少なくなっていますが、
もちろん、それがいいとか悪いではなく、
日中に煙を出しても何も言われない田舎に住み、
貰った廃材や手入れのために伐採した木をいただいて、ガスや電気を気にすることなく、
ご飯を炊いたり味噌汁を作ったりできることが、ありがたいことだなあと思いました。

『チーナカ豆』の厨房には大きなガスコンロもあり、助かることも多々ありますが、
石窯や薪ストーブなど、また最近はロケットストーブも加わっての薪火や炭火のお料理を
お客さんにも楽しんでもらえたらと思っています。




そんな『チーナカ豆』ですが、只今現在は予約営業になっているため、
お客さまにご迷惑をおかけしています。
せっかくご連絡いただいたのに、当日の場合は対応しきれないので
お断りすることになってしまうためです。
事前に、というのもなかなか難しいところなので申し訳無いのですが、
どうか前日(午前中)までのところでご予約をいただけると、本当に喜びます。
よろしくお願いいたします。



さて、今週末日曜日は夕方に、久々に石釜を焚きます。
実は、仁摩町で「恋活実行委員会」が立ち上がり、7月にサンドミュージアムと琴ヶ浜
で「恋活」が企画されています。
『チーナカ豆』としては琴ヶ浜でのバーベキューで生ビールをお出しすることになっています。
そして、今週日曜日が予行練習で、実行委員会の人の夕食としてピザを頼まれています。

ということは、
せっかく石窯を焚くので、ピザのお持ち帰りのご注文もお受けすることにしました!
ただし、夕方5〜6時の間のみのお渡しとなります。
急ですが、ご希望の方は明日中に、ぜひぜひご連絡くださいませ。
お待ちしておりますぴかぴか(新しい)











posted by 豆 at 16:55| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

「予告」 大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

大塚まさじライブ-ウェブ.jpg



今年、谷口 正晃 監督作品『父のこころ』で、
しかも。主演で映画デビューを果たした大塚まさじさん。
3年ぶりの島根で、『チーナカ豆』です。





posted by 豆 at 08:29| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

琴ヶ浜の『チーナカ豆』GW中は臨時営業します!

resize0269.jpg


夏までのオープンに向けて改装途中(と言うか、まだ解体の段階で工事がストップしております)ですが、5月の連休中に臨時営業することにしました。
内装外装ともに何も手をつけられていない状態なのですが、なんとか整えて、
この4日間は、海を眺めながらお食事したり、お茶したりしていただけるようにします。


琴ヶ浜の『チーナカ豆』臨時営業。

5/3〜5/6の4日間。
11時ころ〜夕方くらいまで。


メニューは、地元の魚介や野菜をとじこめた揚げバージョンのカルツオーネ、
季節のカレー、旬の地元のお野菜をふんだんに使ったお料理、
生ビールや手作りのソフトドリンク・・・・
などなど、そのときに地元で手に入る食材を中心に、お野菜たっぷりでご用意いたします。

実はちゃんと発表できていないのですが、『チーナカ豆』に新しいメンバーが加わってくれました。
アフリカ、中東、ヨーロッパの料理に精通している料理人の「作ちゃん」とその一家。
彼が腕を振るってくれる料理も楽しみです。

resize0169.jpg
resize0104.jpg
resize0105.jpg
resize0223.jpg
resize0213.jpg
resize0218.jpg
resize0217.jpg
resize0214.jpg
resize0219.jpg
resize0220.jpg
resize0221.jpg
resize0222.jpg
resize0226.jpg
resize0235.jpg
resize0231.jpg



5月3日は馬路の町内運動会もあります。
鳴り砂の上で繰り広げられる競技。
晴天の下、海を向こうに、一味違った運動会の観戦もお勧めですよ。

resize0270.jpg



posted by 豆 at 16:43| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

徒然。

またまたブログの更新が滞っていました。

前みたいに豆さんも書いてくれないかなー
ファンの読者さんもいてくれたし、

と、こういうときには思ってしまうのですが、
なかなかそうはならないらしく、

若い頃は詩人になろうとした時期があったくらいに、
「表現」というものに想い入れがあるようなので、
ブログの文章もやはり、一筋縄では終わらないのだろうな、
と思い直して、

文章力がない私が更新を頑張っております〜。





数日前の寒さがうそみたいに、すっかり春めいてきました。
うちの庭木も梅が終わって、桃の花が咲きそうな様子です。
まさに旧暦の桃の節句の時期ですね。

昨日は新しい苗木を植えました。
蜜柑、グミ、杏、それと、洋梨、ぶどうの苗木が植えられるのを待っています。
これらの木が実をつけてくれるのはいつかな。
こどもの成長とともに見守っていけたらと思います。
…でも本音は、やっぱり早く食べたいですグッド(上向き矢印)


今朝は人参の種を蒔きました。
友だちが採取した人参の種を、種の交換会で分けてもらったものです。
うちの畑は土ができていないので、なかなか実が大きくならないのですが、
子どもたちにも、お客さんにも、おいしくて安心なものを食べてもらいたいと思うので、
そういうものを選んで買ったり、自分たちで作ったり、
できることをやりたいと思っています。

先々週のロケットストーブの大会では、滋賀から自作ストーブのコンテストに参加しに来られた方が、
食べものの自給だけでなく、火はもちろんのこと電気の自給も、
全てではないにしろされている、というお話を聞きました。
今はまだ、すごいな〜と思うくらいですが、
今の社会、自分たちの生活、『チーナカ豆』の今後、……、
いろいろなことを考えると、ストイックにならない程度に自給できたらなあ、と思っています。
が、実現がなかなかたらーっ(汗)

今のところ薪火で暖を取ったり、煮炊きをしたりはできていて、
そう言えば、先週参加した手つなぎ市では、ロケットストーブ、携帯用釜戸、七輪、BBQコンロを持っていきましたが、よりによってちょうど雨雪風の寒い日になったので、それらの熱源が温かく、遊びに来てくれた友だちも火で温まることができたので、ちょうど良かったです。
それにしても、天候の悪い日でもそれなりの人出があるのは、やっぱり江津のみなさんが頑張っておられるからだろうな。
6月には大田でもだるま通りマルシェがあります。
大田のみなさん、がんばろー!



近況のことを思いつくままに書いていて、まとまってないですね、すみませんあせあせ(飛び散る汗)
前回のブログ更新後からの『チーナカ豆』の様子を断片的にお伝えしてます。

そうそう、予告です。
4月は特にイベントはないな〜と思っていたら、
4月27日(日)、カカオ豆から本物のチョコレートを作る、というワークショップをすることに決まりました。

197735_431002913661621_561618477_n.png

カカオ・ラボ ワークショップ @『チーナカ豆』


インドネシアのカカオ農家さんとダイレクトトレードし、手綱焙煎をしたカカオ豆とオーガニックの砂糖を使ってチョコレーを作る、「カカオ・ラボ」さんによるワークショップです。
インドネシアのカカオ農家さんを支援する、という趣旨もあります。
詳細は後日お伝えします。
きっとチョコレート好きにはたまらないし、
市販でよく売られているチョコレートとの違いを知るいい機会かなとも思います。

予告をもう一つ。
6月に、大塚まさじさんが唄いに来てくれます!
7日(土)は松江の喫茶MGで、8日(日)は『チーナカ豆』で、久々に大塚さんの唄が聴けますよー♪

大塚まさじ.jpg


長々と終わりませんが、最後にご報告。

先週の土曜日は、なんとなんと、ユージンの卒園式でした。
長く、短かった〜。
いろいろと問題児で(?)、先生のお世話になることが多かったユージンですが、
とっても笑顔で卒園式を迎えられました。
卒園式はほんとうに素敵な式で、涙腺が緩むポイントが多々ありました。

resize0640.jpg
 
resize0641.jpg
 
resize0642.jpg


しかも、式の後、波蹄寺のお堂で宅野神楽団(子どもの頃に子ども神楽団をしていたOBの方々で結成された新しい神楽団です)がお祝いの神楽を舞って下さいました。
演目は人気の「大蛇」。
目の前での迫力の演技に泣き出す子もいましたが(ののは抱っこされて、終始顔を隠して、見ないようにしていました)、卒園児さんたちは大喜びでした。
大蛇の中には、園長先生や卒園児さんのお父さんも入っていたりしたので、本当に素敵なお祝いでした。
ありがとうございました。
そしてユージン、本当におめでとう!

resize0643.jpg
 
resize0644.jpg
 
resize0645.jpg


また卒園式の後には、今度は小学校の制服に着替えて、新入生みんなで、
宅野八幡宮で入学祝いの御祓いをしてもらいました。
毎年恒例だそうで、いつの頃から始まったのかは分かりませんが、
新入生の親世代の人たちは経験があるそうです。
地元の宮司さんにも見守られて、入学していくんですね。
小学生からは例大祭の御神輿も担ぐようになるし、神楽も始めるし、
地域の人に見守られて育っていける環境があるのは、とてもいいことだなと思います。



さて次はいよいよ小学生。
ユージンが通う仁摩小学校は、4月9日が入学式です。

resize0646.jpg

4月6日ユージンが自転車に乗れるようになった。
まだまだ、生まれて初めてということが多い年頃です。



posted by 豆 at 14:06| 島根 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

琴ヶ浜の『チーナカ豆』、改装工事が始まりました。

寒い日が続いていますね。
今年は宅野でさえ、雪が散らつく日が多く感じられるので、
雪が降る土地では結構積もっているんでしょうね。

さて、そんな中ですが…

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
昨日、琴ヶ浜の『チーナカ豆』カフェ仕様改装工事スタートしました。
取り敢えずは、壊すということから始まりました。


522452_574180329327175_586218361_n.jpg


1538880_574180515993823_1490024503_n.jpg


8588_574180572660484_370403741_n.jpg

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Facebookの豆さんの投稿です。
いよいよ、春の琴ヶ浜の『チーナカ豆』のオープンに向けて動き出しました。
宅野の営業もあったり、イベントへの出店もあったり、日々の薪作りがあったり、
また廃材を利用したり、工夫すること、手間をかけることで材料費を抑えたり、
といった中での工事なので、着々と、というわけには行かないと思いますが、
とりあえず「始める」ことができたので、
後は試行錯誤しながらも日々何かしら進んでいければ、形ができていくのだと思います。

琴ヶ浜の『チーナカ豆』がどんなにお店に仕上がるか、
実は工事を始めた本人でさえ分からないのですが、
どうぞみなさま、ご期待ください!




posted by 豆 at 09:25| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

24日、25日とクリスマスピザのご注文をお受けします!

みなさんの今いるところは雪でしょうか、雨でしょうか、
それとも曇り?晴れ?

宅野は昨日からあられがふったり、雨がふったり、わずかに雪がふったりです。
三瓶の友達が、三瓶は真っ白になってるよーと教えてくれました。
寒いけど大変だけど、やっぱり雪もいいなあと思います。
ユージンやののは雪の降り積もった美しさ、楽しさをあまり知らないので、
雪のあるところに連れて行ってやりたいな、などと思います。


さて、今日は営業日ですが、天気良くないですね〜。
なかなか出足も向かないかと思いますが、石窯も薪ストーブも、豆さんいつものようにせっせと焚いております。
薪ストーブの炎に温まりにお越しくださいませ〜いい気分(温泉)
お待ちしておりますぴかぴか(新しい)



そして今日は急なお知らせです。
24日、25日と石窯を焚いて、ピザお持ち帰りのご注文をお受けすることしましたひらめき
クリスマスパーティーのメニューのひとつにでもいかがでしょうか??
前日までにご予約ください。(0854-88-4878)
メニューはこちらです。


*きのことルッコラのピザ(750円)
  自家栽培の無農薬・無肥料のルッコラとニンニク・松の実で作ったジェノベーゼ風のソー
スをベースに数種類のきのこをトッピング。

*旬野菜たっぷりのピザ(750円)
  地元産の無農薬、低農薬の新鮮な野菜をトマトソースの上にふんだんに載せたベジピザ。

*地元産新鮮魚介のピザ(800円)
  その日採れたての地元の新鮮な魚介をマリネして、トマトソースにトッピング。
  トマトと魚介のハーモニーが美味しい海の町のピザ。

*海苔としらすの磯の香のピザ(850円)
  トマトソースにモッツアレラチーズ、しらす、そして一番摘みの海苔(九州に海苔の収穫のバイトに行っている友達から届きました!)とトッピングします。

*小豆と柚子のおやつピザ(750円)
  甘さ控えめに焚いた小豆とチーズの塩気、柚子のアクセントが絶妙にマッチング。
  新鮮な美味しさのピザです。

*林檎のデザートピザ(550円)
  ピザ生地にスライスした林檎をのせ、少量のてんさい糖とアーモンドを散らし、石窯で焼
きます。素朴でさわやかな美味しさ。チーズがのっていないピザです。


ご予約お待ちしております!




今『チーナカ豆』の土間に手作りのクリスマスツリーを飾っています。
ユージンとののと一緒に近くの山へお散歩し、枝やら木の実やら採ってきて、飾り付けました。
雪の代わりに、松田屋にあった古い布団綿を付けています。

resize0638.jpg






posted by 豆 at 11:27| 島根 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

サンセットジャズカフェ無事終了、ありがとうございました。

しっとりと大人のジャズ…というよりかは、明るい、楽しい感じの曲が多かった今回のジャズライブ、
今まで『チーナカ豆』でやってきたものとしては、お客さんの年齢層が高めでしたが、
曲に合わせて体を揺らしていた方も多く見られ、終始楽しい雰囲気でした。
また、演奏も明るかったですが、何より、バンドの方々も仲が良く楽しい方々で、
和やかな空気を作り出して下さいました。

見事な演奏と、素敵な歌声。
集まってくださった大勢のお客さんも、
夢中で遊び続けていた子どもたちも、
演奏が響き渡ったこの古民家も、
いい音楽に包まれている間中ずっと、
気持ち良かったんじゃないかなあ。



でもここでちょっと、厨房裏話&反省点。

今回の石窯パンのメニューは

 *石窯で焼いた自家製ローストポークのサンドイッチ

 *イスタンブール名物、炭火で焼いたさばを豪快に挟んだサバサンド

 *ひよこ豆のコロッケとかぼちゃをアジア風味にソテーしたものに、
 トマトのチャツネをソースにしたベジサンド

とご用意していました。



ローストポーク、前日に仕込んで準備万端!のはずだったのですが、

当日朝に味見に切ってみたところ、


「…なんか、違う?

 …なんか、硬い?

 なんかこう、もっとジューシーさとかお肉の旨みとかあるもんじゃない?

 ……。

 間違えたかもしれん!」(豆さん)



間違えていました。

ローストポークは豆さん担当でしたが、60分の焼き時間を5、6時間と勘違いしていたようです。
実際のところ、何時間も焼いていたわけではないし、
石窯の特性上、内側の水分が保たれるということはありますが、
ある程度の旨みも肉汁も出てしまっていたローストポーク、
ヘルシーだけど、今回のお客さんには出せない…。

当日に急遽仕入れに走り、石窯を焚いて、作り直すことに…。

さすが石窯くんのおかげで、作り直したローストポークは上手くいきました。

が、詰めが甘かった!

時間が押す中で、ローストポークのソースを仕上げたのですが、
煮詰めが十分でなく、薄味のソースに、、、
それに気づいたのはお客さまの手に渡った後。
普段の薄味の私ならば、おいしくいただけたかもしれませんが、
仕事がひと段落した後に頬張るには、もうちょっと塩気が欲しいと感じてしまいました。

う〜ん、お客さんはどうだっただろう。

味の好みというのは千差万別だし、
食するにあたって、どこで誰とどんな風に、というシチュエーションはかなり重要で、
また同じものを食べても体調によっても感じ方は変わるし…。
でも反省&これで勉強できたので次に活かします!



そんなこんなで、こころ残りがありつつも、終わってほっとしていましたが、
休みの翌日はお客さんがいろいろあり、慌しくも過ごしたりして。
京都から顔合わせに来てくれたミュージシャンの女性(春頃、楽しいライブが…)、
大阪から森山大道の宅野の写真集が好きで訪れてくれたご夫婦(大塚さんのファンだそうです!)、
新たな出会いがまた新しい風を運んで来てくれて面白いです。
来年は、友だちたちと一緒に田んぼにも取り組めそうだし。
今月と来月初日はまた、2回の出店と2つのイベントを抱えています。
ほっと一息もついていられないなあ。
昨日は、畑の手入れと残っていた種を蒔くことができて良かったです。






posted by 豆 at 10:28| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

今日明日と、宅野は石窯を焚いています。 今日から3日間、馬路でも夕方から提灯に灯りを点けています。

先週はいつも以上に忙しい日々でした〜。

image.jpg image.jpg


まずは納期迫った染の仕事。
先方から電話があり、急遽どんどるまも出動。
その昔染を教えてもらったことがあったのですが、
すっかり忘れていてちんぷんかんぷん。
それでも見よう見まねで作業に加わり、
木綿の刺繍ハンカチをぼかしで染め、
次は絹のレースハンカチとスカーフを染めて、隅に孔雀の羽を描く…
というときに、保育園から電話があり、
「ののちゃん熱が出ました…」

ここからは豆さんのみで染を仕上げる。
(と言うか、孔雀の羽を描く時点で、どんどるまは戦力外?)

image.jpg


image.jpg


なんとか終えた染の仕事。
ののの調子はどうかな…と思いつつも、
週末に出店予定のイベントがふたつあったので、
その準備に取り掛からねばいけないと思い、
おそるおそる保育園に行かせたら、
ののも体力が付いていてすぐに回復していて、ほっ。
週末を迎えました。


週末はおまつり三昧。
最初は浜田の金城町で行われた「森の中のマーケット」。
初めての参加でしたが、本当に森の中で、とっても気持ち良いところでした。
林の中の空間なので、木漏れ日が降り注ぎ、空気も美味しく、
八雲を思い出すような雰囲気。
個性的な出店者の方々のお店も本当に素敵で、
来られたお客さんたちも長居していたようです。
私たちも、お互いに忙しくなかなか会えない出店者の方々との再会もうれしく、
また初めてお会いする方々とも対面もたのしく、
前日にシシケバブを出品する予定だったことに気づいて慌てたり、
超寝不足で迎えたイベントでしたが、楽しく過ごせました。
そして家に着くや否や、みんな倒れるように寝ました。
(ユージンは遊び疲れで、ののは人見知り場所見知り疲れ?)


次は三瓶の西の原で開催された「太陽大感謝祭」。
これについて説明すると長くなりそうなので省きますが、
三瓶山がすぐ目の前の西の原を舞台に、太鼓と歌とおいしいものと…、
なんとも楽しい時間でした。
『チーナカ豆』はパエリアに初挑戦。
「琴ヶ浜の海で採れた熊手貝の出汁で作る、きのこたっぷりと馬路のイカのパエリア」。
おいしそうでしょ〜。
しかし、家で試作したときはうまく成功していましたが、
本番は炭火や薪火、そして洗い場がない、ののも目が離せない。
という状況だったので苦戦…。
お客さんが来られたときにできていなかったり、お米に芯が残ったままなかなか炊けなかったりと、
泣きたい場面がいっぱいありましたが、
太鼓の音、歌声、三瓶の自然に癒されつつ、何とか事を終えました。

出店者の人も、お店そっちのけでステージの方へ走っていき、みんなで輪になって歌って踊って叩いて、、、
音楽系のイベントとなると、内輪で盛り上がってしまうケースが多そうですが、
三瓶の大自然の開かれた空間で、「太鼓」という誰でもが音を出せる楽器が中心になったおまつり、
たまたま来られたお客さんたちも楽しそうに見ておられたのが嬉しかったです。
三瓶の志学に住んでいるおばあちゃんと話していて、
「ここでこういうことをするのは初めてだけど、いいねえ」
と言っておられたので、ああ良かったなあと思いました。

あ、個人的な感想で、長くなってしまってますね、
ここまで読んでくれてありがとうございます。
あと少し、スピードアップしますね。


1378600_527915563953652_1954260390_n.jpg


「お祭り三昧」最後は、地元宅野の例大祭。
ユージンも法被を着て、仲良しお友達と並んで先頭に立って、お神輿の紐を引っ張りました。
何年か前、初めて参加したときは法被を着るのも嫌がって、抱っこされての参加だったけれど、
今回は大きな声で「わっしょい」と勇ましくお神輿を引っ張りました。
大きくなったなあ。
来年は小学生なので、いよいよお神輿を担ぎます。


こんな感じの、先週でした。
本当は一番にお伝えしたい、10月30日に予定しているインドの民族楽器の演奏会&インド刺繍のワークショップのことを書かなければならなかったのに、
報告が長くなってしまいました!
それらについては明日中にブログにアップしますね。
ぜひぜひまた覗きに来てください。


最後になりましたが、今日のメニューはこちらです。
よろしくお願いします。





posted by 豆 at 10:18| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

10月のメニュー。

これまでは週替わり(のつもり)でやっていたメニューを月替わりに変更することにしました。
と言っても、新鮮で美味しい素材が手に入れば、その都度入れ替わりますので、
「つもり」の心持ち?でメニューを替えていこうと思います。

さて、そんな今月のメニューは

*マルゲリータ 750円
  自家製の生バジルとモッツァレラチーズをのせたトマトソースベースの王道ピッツア。
   ※これまでは普通のピザ用チーズを使っての、なんちゃってマルゲリータでしたが、
    水乳牛のミルクで作られた無添加のモッツアレラチーズを仕入れることができたので、
    本当の?マルゲリータです!

*きのことジェノベーゼのピザ 750円
  自家製バジルの葉とニンニク、松の実で作ったジェノベーゼソースをベースに、
  薫り高いきのこをたっぷり載せた秋のピザ。

*地元産の新鮮イカを載せた魚介ピザ 800円
  イカの旨みとトマトソースのハーモニーがおいしい、海辺の街のピザ。

*自家製ベーコンのピザ 850円
  まる姫ポークを自家製燻製器でベーコンにしました。
  手作りベーコンの風味が絶品の贅沢ピザ。

*小豆と柚子のおやつピザ 700円
  甘さ控えめに茹でた小豆とチーズの塩気が絶妙にマッチ!
  柚子のアクセントも効いています。

 ※おひとりサマでご来店の場合、ハーフ&ハーフもできます。

そして、食後に、カフェタイムに石窯で焼いたスコーンもありますよ〜。



昨日の再開初日は、予行練習で終わるかしら、思っていたところ、直前の告知に拘わらず、三瓶の友達家族が2ヶ月の赤ちゃんと一緒に来てくれました。
赤ちゃんかわいいな〜。
ありがとうございました。

今日ご来店の方にも、食後に手作りスイーツとお飲み物をサービスさせていただきます。
スイーツは、卵や乳製品を使わないものでご用意しました。
 *林檎のタルトタタン風ケーキ
 *黒ゴマ白ゴマの豆乳ゼリー
様子次第で、林檎のタルトもお出しします。
お飲み物は、ドリンクメニューにあるもの何でもokです!
コーヒー、チャイ、ジンジャエール、…、いろいろありますよ〜。
お待ちしておりまするんるん






posted by 豆 at 10:34| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

10月4日から、宅野の『チーナカ豆』再開します!

resize2262.jpg


最近はめっきりブログ更新が減ってしまって申し訳ないのです。。。
9月の間は琴ヶ浜の営業を続けつつ、イベントに参加したり、十五夜に夏の打ち上げをしたり、
ブログで告知できませんでしたが、琴ヶ浜でライブも行ったりもして、馬路の町中心に動いていました。
そうこうするうちに、朝晩は冷え込み、秋空は映え、朝露も美しい季節に…。
昨日一昨日は、広島県三次市で行われたマルシェに参加した帰り、
手作業での稲刈りが始まった庄原の友だちところに寄らせてもらったりもしました。

さて、ありがたいことに、宅野の『チーナカ豆』再開のお問い合わせをいただいたりしていましたが、
ようやく、再開日をお知らせすることができます。


10月4日。


もう明後日じゃないですか!

いつも直前になってしまって、すみませんふらふら


再開については特にイベントらしきことをする予定はなく、
今月はリハビリを兼ねて、徐々に感覚を取り戻して行きたいですが、
4日と5日にご来店され、ピザをご注文くださったお客さまには、
食後に、手作りのスイーツとお飲み物をサービスさせていただきますね。
また、今月の営業日につきましては、右側の営業日カレンダーをご覧になってください。


さて、秋からの『チーナカ豆』、ライブや出店いろいろあります。

出店ですが、まずは来週末に行われる「森の中のマーケット」。
こちらは、浜田のステキな雑貨屋さん、「いちねん草」さんからお誘いいただいたイベントです。

10/12(土) 森の中のマーケット(浜田市金城町久佐)
  11:00〜16:00  夢の音村・森の公民館
   *秋空の自然の中で、たのしい出店、おいしい出店、ワークショップなど楽しさいっぱい!
     ※『チーナカ豆』は1日目のみの参加ですが、翌日13日(日)10:00〜15:00も開催!  

img_93c0f86df22d998a9a51520ea41b447b.jpg



そして、震災後に家族で美郷町に移住してきていて、琴ヶ浜の『チーナカ豆』でも何度か演奏してくれているミュージシャンの「まつくん」が中心になっての企画、「しまね太陽大感謝祭」。

10/14(祝) しまね太陽大感謝祭(三瓶・西の原草原)
  11:00〜15:30 「Let's 芸&農」〜みんなで音を奏で、大自然に感謝! 
   *叩くと音が出るもの(太鼓、手拍子、フライパンなどなど何でもOK!)を用いて、
    誰でも参加できる体験型セッションのお祭り。
   *「芸農」をテーマとしたライブや出店もお楽しみに!

1234832_426909620747993_1962347681_n.jpg


そして、10/27(日)は昨年の盛り上がりに引き続き、「ハロウィン&だるま通りマルシェ」が行われるので、こちらも参加させていただく予定です(詳細は後日)。



次にライブ情報。

resize2221.jpg

さる8月14日琴ヶ浜の『チーナカ豆』での演奏風景。

*10/30(水)インドの民族楽器演奏会〜古民家に鳴り響く幽玄な調べ(仮)

こちら、実は第一回目を、お盆の真っ只中の8月14日(ののの2歳の誕生日でした!)に、琴ヶ浜で行いました。
琴ヶ浜での演奏会は、来られた方々はラッキー!という感じのとってもいいライブで、
私ももともと楽しみにしていましたが、もう本当に、期待していた何倍も良くて、
もっと多くの人に聴きにきてもらいたかったなあと思ったライブでした。
今回は場所が違うし、メンバーの方も違っての演奏ですので、1回目とは異なる感じになるとは思いますが、それはそれで楽しみです。

まだ、時間や料金等がはっきりとしていないので、決まり次第、チラシやブログでお伝えしますね。
都合の付く方は、ぜひぜひ来ていただきたいな。 

しかも、まだ決定ではありませんが、
ライブ前に、インド刺繍の展示会&ワークショップもあるかもしれません!
うわーこれは、実現するなら私も参加したいところです!



さてお次、その4日後にまたまたライブがあります。

resize2315.jpg


*11/3(日)サンセットジャズカフェ大田〜音時雨〜@『チーナカ豆』
        出演:大畑茂樹カルテット&梶谷美由紀


   チケット:2500円[石窯パンのサンドイッチ、ワンドリンク]
   時間:18:30〜20:30(open18:00)

こちらは既に、新聞などで広告をご覧になった方がおられるのではと思いますが、
かっこいい広告に、数々のお店と一緒に『チーナカ豆』も肩を並べてのせていただいております。
かねてから、バンドの方々とは、うちでのライブを、とお話していたのですが、
なかなか実現していませんでした(昨年の12月に予定したのも、突然の、ののの入院…肺炎だったかな、で急遽中止になったりもして)
なので、ようやく想いが叶ったライブです。

サンセットジャズカフェに関しては、既にチケット販売も始まっていますので、
興味のおありの方はぜひご連絡ください!



こんな感じで秋からの『チーナカ豆』はスタートします。
いい季節で、各地でもイベント盛りだくさんですので、みなさん楽しいところに出かけていきましょう〜るんるん





posted by 豆 at 13:17| 島根 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

宅野の『チーナカ豆』と琴ヶ浜の『チーナカ豆』

久しぶりの更新になります。
あの暑かった夏はなんだったんだろう、というくらいに、
すっかり季節は秋めいてきました。

今年の夏は暑く、『チーナカ豆』的に言えば、とっても熱く、厚かったです。
というのも、初めての海の家、琴ヶ浜、馬路町、ライブ、盆、盆踊り…。
忙しさはとんでもなく、『チーナカ豆』始まって以来、こんなに夏に働いたことはなかったのでは…。
あまりの疲労に、盆明けてから全身蕁麻疹に襲われたほどでした。
細かいエピソードはたくさんあったのですが、
日々パソコンを開くなんてとんでもない日々だったので、
リアルタイムにお伝えできなかったのが残念です。


さてそのお話はまたの機会にして、今の『チーナカ豆』がどうなっているかと言うと、
琴ヶ浜の『チーナカ豆』は金・土・日の夕方6時〜9時くらいの間、
飲んで食べられる場所として営業しております。
お客さんがおられなかったら早めに閉めたりもしますが、
町の人が「つけときんさい!」と貸してくれた「盆提灯」が物悲しくも点いていたら、
「営業しています」のサインです。
メニューは少ないですが、週替わりや日替わりで、お酒のアテになりそうなものや夜ご飯に食べてもらえそうなもの…

例えば、昨日は
 ・鶏のスパイス焼き(チュニジアのミックススパイスに漬け込んだもの)
 ・鶏のからあげ ゴーヤと夏野菜のフレッシュソースがけ
 ・馬路産イカのスペイン風
 ・3種のディップのブルスケッタ(なすとミントサワークリーム、メキシコ風サルサ、ひじきのマリネバジル風味)
 ・手作りひじきふりかけの白和え
 ・さつまいもご飯
 ・ラーメン
などがご用意できていました。

今は馬路の方数人に来ていただいているくらいですが、今後、夏前にできなかった改装をして、
すてきな海の家にしていきたいと思っています。
来年は夏前のカフェができるかな〜。       


そして宅野の『チーナカ豆』。
いよいよ室内の石窯が焚ける季節になってきましたが、今までのような金・土・日の営業は難しいかなという感じです。
再開時期と今後をどうするかは模索中ですが、
秋に松江と大田を舞台に開催される「サンセットジャズ」への参加は決まっていて、
うちでは11月3日(日)にライブを行う予定です。
詳細は後日またお伝えしますね。


さてさて明日は大森の天領さんへ出店するので、今日はその仕込みです。
が、台風…。
中止の可能性もあるので出店を取りやめてもいいです、というお言葉を主催側からいただいたのですが、
実はその日、らとちゃん似顔絵コンクールの表彰式が会場で予定されていて、
なんとユージンが金賞で表彰してもらえるのです。
普段は「こんなんで小学生になれるかなあ」なんて感じなので、
この晴れ舞台が親としては何とも嬉しく、ちょうど出店と重なったので楽しみにしていたのでした。
しかも、明日9月1日はユージンの6歳の誕生日。
この世に生まれてきて6年目になります。

また一緒に、てるてる坊主作ろうか。




posted by 豆 at 10:49| 島根 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

プレオープン中!

ユージンも、ののも、春以降風邪などもほぼ引かず、ずっと調子が良かったのですが、
ここに来て、ふたりとも体調を崩しがちです。
暑いですよね・・・・体力も免疫力下がります。
十数人の小さい保育園に通っていますが、今はやっぱり鼻水ズルズル咳コンコンの子が多いです。
みんなでもらったり、あげたりもしてるんでしょうね。
まあユージンの場合は、海で全力で遊びすぎでは?!


こんな感じで、ここ最近ブログに手が回らないのですが(豆さんもFBに投稿していないみたいだし)、
実は「琴ヶ浜の『チーナカ豆』」、先週日曜日にプレオープンを始めました。
まだまだ、建物の改装やメニューが整っていないのですが、夏休みも始まり、海水浴に来られるお客さんが増える中で、今開けておかないでどうするの?て感じなので、もうほんとに「プレ」て状態ですが、開けております。
子どもたちの様子次第で、本オープンがもう少し先になると思います。またお知らせしますね。


コー氏料理.JPG

(プレオープン初日のお客さん。いつもお世話になっているステッチクラフトの山本さんご夫妻と浜田のいちねん草さん。ありがとうございました!)


プレオープン中は、土日のお昼は開けるようにして、平日は作業をしながら、天候を見ながら、開けていたりします。
夕方以降はそのまま開いていて、お客さんが来なさそうなら終わりにしています。
先週は、カレー2種類、サバサンド、琴ヶ浜の海水で作った天然塩の塩おむすび、手作りシロップのカキ氷、ドリンク類を販売しました。
もちろん生ビールもありますよ。
とりあえずのプレオープン中のメニューですが、今後変更したり、増やしていきたいと思っています。


ユージン.JPG

(「みぞれ」中のユージン。)


準備改装しながら、琴ヶ浜に訪れる方に「海の家でどんなものが食べたいですか」と尋ねると「焼きそば!」とか「ラーメン!」とかが多いんですね。
こちらとしては、ちょっと他と違うおいしいものを…と思っていたのですが、求められるものはそういうものだったりします。
なので、定番の焼きそばやラーメンは外せなく、『チーナカ豆』なりの焼きそばやラーメンをご用意しようと思っています。
他には、タコライスやパッタイ、ソーキそば、ベジメニュー、…、いろいろとやってみたいものがありますね〜。


また夕方以降は、飲みながらつまめるような夜メニューをご用意したいと思っています。
魚介を使った一品やシシケバブ、パスタ、有機野菜のお料理等を考え中です。
そして来年には石窯を作り、ピザも召し上がっていただけるようにする予定です。
琴ヶ浜の海岸に沈む夕日を見ながら石窯ピザとワイン…、
ああ、なんて贅沢。


ところで、琴ヶ浜の駐車場は夏の間は駐車代を500円いただくことにしています。
駐車場は「鳴り砂保存会」が管理していますが、駐車代でトイレの管理費や砂浜の掃除費を賄っていますので、ご協力いただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。


nono.JPG

(意外とゴーグルが似合う?のの。)






posted by 豆 at 14:43| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

琴ヶ浜にも夏がやってきました。

先週日曜日に行われた「馬路の夕日ライブ」。
この日に向けて急ピッチで進めていた、旧・「琴が浜食堂」次期「琴が浜の『チーナカ豆』」の掃除・片付けがひと休憩していました。
キルト美術館に納める染物や、ユージンの手足口病(体力が付いているので、とっても軽〜く済みそうで良かったです)、ののの久しぶりの県中央病院での診察などなど…、
また特別なことが無くとも、日々何だかんだとやることがいっぱいですよね。

でも昨日は久々に覗きに行けました。

PICT0001.JPG


梅雨明けして晴天!
青い海!
海水浴シーズンももう少しですね。
問い合わせも少しずついただいています。
今日からまた掃除・片付けに取り掛かろう。

ひさしをどれくらい伸ばそうかと「考える豆」。

PICT0002.JPG




ところでライブはどうだったかと言うと、

IMG_0833.jpg


終始とっても楽しい雰囲気の中、みなさん歌を聴き、飲んで食べて、おしゃべりして笑って、子どもたちは砂浜で大はしゃぎでした。
その場の流れで、9月にも行うことに決まった?ほど。
次回が楽しみですね〜。
馬路のひとはお祭り好きです!いいですね!

そんな楽しいライブを企画してくれたステッチクラフトの「しのぶちゃん」、「ちかちゃん」たちも演奏を聴かせてくれました。
盛り上がりましたよ〜。

IMG_0835.jpg


それから、友人のともくんしずちゃんもユニット結成!その名も「○(まる)」。
心温まる演奏の後には、みんなを踊りに誘おうとセクシーなダンス衣装に。
あまりにきれいだったので、思わず写真を撮らせてもらいました。

IMG_0829.jpg


七夕の日は、とても美しい海と空の夕暮れでした。

IMG_0831.jpg





posted by 豆 at 10:42| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

今日のうれしい発見。

畑の脇に、自生のモロヘイヤを発見!

PICT0021.JPG




ついにポップコーンの花が咲いたのを発見!

PICT0018.JPG




おまけ。
庭に住み着いているヒキガエル!

PICT0022.JPG








posted by 豆 at 12:31| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

今週は臨時休業です。

申し訳ありません。。

今週ですが、疲労が重なり、お休みさせていただくことにしました。

来週は金・土・(日曜日は出店です)、営業させていただきます。

勝手な都合で誠に申し訳ありませんが、よろしくお願いいたしますふらふら







posted by 豆 at 07:42| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

ペチカ

ロシアの伝統的なペチカ.jpg


220px-Pechka.JPG




去年のいつ頃だったか、3.11の福島原発事故のあと
家族で隣町の江津に移り住んできたご夫婦が
『チーナカ豆』に来てくれて話すようなことがあった。
色いろ話すなかで、
冬場のチーナカ一家居住部分の暖房の話しになり、
僕がレンガを積んだ暖炉を作る考えを話すと、
ペチカを強く勧められた。
ペチカ?
説明を聞いて、ああ、なるほど、そういえば・・・と。
子供のころ観ていた「ひょっこりひょうたん島」のなかで
唄われていたペチカの歌詞のフレーズが
懐かしく思い出された。
確か、片目の海賊トラヒゲが唄っていた。

「雪の降る夜は 楽しいペチカ
 ペチカ燃えろよ お話しましょ・・・・♪」

その、雪の降る夜は 楽しいペチカを
彼らは震災前に作っていたのだそうで、
完成して、さーいよいよだぞ、というときに
震災とそれに続く東電の原発事故で、
火入れをすることなく、家を離れたのだそうだ。

そのときに、ざっとは構造的なことの説明をしてくれたが、
自分でもその夜にネットで検索してみた。

上の画像は、ロシアの伝統的なペチカ
下は壁式ペチカ(北海道)
ロシアの伝統的なペチカというのに結構惹かれているんですが
この写真だけではどんな構造なのかが解らない。


ウィキペディアによると、

ペチカ(ペーチカ、печка pechka ピェーチカ)は、ロシアの暖炉兼オーブンである。この語はペーチ (печь pech) の指小形で、ロシアで普通のスタイルの暖炉を想定しつつその全般を指す。ペチカ形式の暖房設備は、ロシア以外の近隣地域で広く見られる。日本では、特にロシア式暖炉のことをいう。

さらに、

煙道がめぐらしてあるレンガなどで造った壁面の放射熱で部屋を暖める。焚き口の炉は50センチほどの立方体、コンロとして料理にも利用できる。内部に温水管を通し貯湯タンクと組み合わせることにより給湯設備としても利用された。

暖房としての立ち上がりが遅いのが欠点だが、一度暖まるとペチカ特有の心地よさがある。部屋と部屋の間仕切りとして設置することにより、複数の部屋(2〜4部屋)を同時に暖めることができる。燃料は石炭、薪のほか最近では石油ストーブを組み込んだものが主流となっている。石炭は北海道ひと冬で2〜3トンほど消費する。

北欧生まれの暖房法がロシアを経由し1880年頃に開拓使が北海道に導入、満州拓殖公社が改良した壁型ペチカが終戦後普及したと言われている。炭鉱の閉山、石油ストーブの普及とともにペチカを暖房としている家庭はとても少なくなった。

とあった。


なるほど、いいね。
もっと早くこのことに気づいていたら、
『チーナカ豆』の厨房はペチカで作ったかもしれない。
暖房にとどまらず煮炊きからパンやピザや燻製まで
工夫次第でこなせそうに思えるし、
なんといっても、楽しそう。
ま、とにもかくにも、火を焚かないと
はじまらないということがあって、
それがしんどいこともあるかもしれないけどね。
そのへんは予備的にガスを合わせて使えば
いいんじゃないだろうか。
案外、何年か後の『チーナカ豆』の厨房はそうなってるかも。
その厨房で料理をすることが、なんだか
きっと、楽しいだろうな。
いんや、なにもしなくたって、ただ、
その場にいることが、うれしいに違いない。

話がちょっと飛躍しましたが。
まずは、居住部分から。
実際の構造的のことはまだ良く解っているわけでは無いけれど
作るのはペチカと決めている。
ただ、頭の中であれこて考えてみただけでも
結構な、大仕事になるのは明らか。

まず天井を取る。天井を取ると風の日には
隙間風が天井裏を吹き荒れ
砂や土埃が舞うので、天井を外した部屋の
屋根裏部分の壁を立ち上げ、屋根の裏側にも
板をはるなどしないければならない。
それに、天井を外して吹き抜けにするのだから、
この際、天窓も作りたいと思う。
それからペチカを配置する場所の床を剥がして
床下の補強もしなければならない。
と、もう既にこれだけで結構な工事量になる。
そこにペチカ本体の工事と来たら、
とても一年ではやれそうに無い。
他にもやらんといかんことが、山のようにあるんだから。
2年、場合によっっては3年かけてもいいかな、
くらいの気持ちで挑むことにしました。
どのくらいの大きさと構造にするかだけど
レンガも結構な数要るでしょうから
できる限りたくさん集めたいところです。
(ご家庭でご不要のレンガが有りましたらぜひぜひご一報を)

それまでの間、冬場、ユージン言うところの
「寒い部屋」一家の居住部分の暖房は、
時計ストーブで凌ぐことになったんです。

まずは煙突をどこから出すかというのが問題。
とりあえず、2年か3年の間なので、
その為に屋根をぶち抜くというのもなんなので、
小さい四角い嵌め殺しの窓から出すことに決定。

以下、時計ストーブ施工の様子を・・・・。


resize2102.jpg

resize0597.jpg


これはちょっと我ながら冴えてるなと思ったんだけれど、
実際やってみるとそうでもなかった。
今のところ、使えてはいますが。
八雲のときは石膏ボードがあったので丸くくり抜いて
枠に嵌めたんだけど、今回はガズコンロ受け皿を使った。
安上がりだし、こりゃ、ええかんがえじゃん
と思ったけれど、薄いせいで、施工のときに破れたりします。
それでも使えましけれどね。


resize2104.jpg

resize2105.jpg

resize2106.jpg


板の床にストーブを直接置くわけにいかないので、
箱を作り、その中にレンガを敷き、ストーブの台座とする。

こんな感じ。


resize2107.jpg

resize2108.jpg


で、煙突をつないでさらにこんな感じ。


resize0595.jpg

resize0596.jpg



これはこれで、結構可愛いいです。
とにかく、2年か3年冬場をこれで凌ぎます。
お湯もすぐ沸きますし、なかなかいい感じですよ。
ま、土間にはイエルカさんのストーブもありますからね。
あとは、薪の心配です。

あ、そうだ、ウィキでこんなの見つけました。
何だと思います?

古代ギリシアの持ち運び式オーブン.jpg



古代ギリシアの持ち運び式オーブンなんですって。
可愛いでしょう。
可愛いだけでなく、いろいろ応用がききそうで
ちょっと、本気で作りたいと思い始めてます。
もう一つ。

古代ポンペイのオーブン.JPG



古代ポンペイのオーブン。
なんだろうな。当然、一つひとつ手で作っている訳で、
手の柔らかさというか、温もりというのか、
そんな物がここちいいのかな。


さぁて、今日から2月。
じっくりと、一年の計画を練らねば。
ま、走りつつですけれどね。
わー、もうこんな時間だ。寝ないとね。
最後まで読んでくれてありがとう。
おやすみなさい。


posted by 豆 at 03:17| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。