2015年07月23日

いよいよ、今週末日曜日は「ゆにわ」のライブ!

夏休みに入って、ユージンは毎日のように海に来ています。
学校の授業でプールにも慣れて、泳ぐのが楽しく、本当はプールにも行って友だちと遊びたいのだけど…
学校のプールを利用する際に必要な、プールカードという、体温の記録や保護者の押印を記したカードをなくしてしまい、ここ2日行けずじまい。
せっかく、馬路からスクールバスに乗せてもらえるように、学校側に配慮してもらったのですが、
プール熱も冷め気味です。
「海の方が楽しいもん」とか言ってます。
(まあ、そうかもしれませんが、友だちがいないと寂しそうなときも…)

resize1562.jpg



さて週末の、琴ヶ浜での夕暮れライブ〜「ゆにわ」〜も近づいてきました。
それに向けて、工事も急ピッチでやっています。
それでも、馬路の取り壊される元中学校から、廃材をいろいろいただいて、
年月、記憶が刻まれた材料が見事に『チーナカ豆』に甦りつつあります。
ただ、完成はライブ後になりそうで、こけらおとしのライブと言うには間に合わなくなりましたふらふら
なので、心機一転?途中の経過を味わう、という感じで楽しんでいただけたらと思っています。


ライブは砂浜のすぐ近くで行うので、子どもさんを目の届く範囲で安全に遊ばせながら、
演奏を聴くことができます。
普段、音楽ライブなど行きにくい親さんたちも、気軽に来ていただける演奏会です。
海水浴後にご飯を食べ、演奏を聴き、帰る、なんてフルコースも可能ですよ!
シャワーもありますけんね!


夏色の海が待ってま〜するんるんるんるんるんるん






posted by 豆 at 09:43| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

琴ヶ浜で夕暮れライブ 〜「ゆにわ」〜 2

先週の一週間、次はののが風邪を引いてしまい、何もできない一週間でした。
ライブのこと、琴ヶ浜のことが進んでないのになあ…、と思いつつも、
暑さが本格的になる前に体調をしっかり整えないとと思うので、
今はののがすっきり元気になってくれて良かったです。



さて、琴ヶ浜での夕暮れライブ。〜「ゆにわ」〜
だんだんと近づいてきました。
石窯ピザと夕日と音楽。
とてもいい時間になると思います。
ぜひぜひみなさま、お気軽にお越しくださいませ。



琴ヶ浜で夕暮れライブ。 〜「ゆにわ」〜


とき:7月26日(日) 18時頃から


ところ:琴ヶ浜の『チーナカ豆』
     (琴ヶ浜海岸駐車場より徒歩1分、JR馬路駅より徒歩5分)


料金:1000円+投げ銭(1ドリンクと石窯ピザ付き)


ご予約・お問い合わせ:0854-88-4878




「ゆにわ」に関して、私が思うことですが、
最初にお店に訪ねて来て下さったときに、CDをいただいて聴いてから、すぐに気に入りました。
楽調も好きだし、きれいな音。そんな風に思いました。

それから少し経って、「ゆにわ」の自宅でのライブを聴きに行ったことがあります。

そのときに驚いたのが、ボーカルの智美さんの声。
CDで聴いていた、いわゆる普通に、メロディーがある曲を歌っている声しか知らなくて、
それも、すてきだな〜と思っていたのですが、
ライブでは、歌とも言葉とも言えない、精霊のような、幽霊のような
不思議な声音を繰り出す智美さんにびっくりしました。
心が穏やかになり、ざわつきもし、ずっと聴いていたいような、怖いような。
あの驚きと感動が私にはとても大きかったので、
今回、こうしてライブを行うことができるのを、すごく嬉しく思っています。

楽器演奏者の歌島さんが、いくつもの楽器を幽玄自在に演奏し、
ボーカルの智美さんが、楽器のようにいくつもの声色を表現する、
無限の広がりを感じるような音でした。

そしてここに、げたおさんの叩く、大地の太鼓ジェンべの響きが加わったら…。

るんるんるんるんるんるん


posted by 豆 at 15:46| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

琴ヶ浜で夕暮れライブ。〜「ゆにわ」〜

仕切りなおして。


7月に入りました。
1年が半分過ぎたということですね。

長らくブログをお休みさせてもらっていましたが、
実は、田んぼの頑張りすぎで体調を崩してしまいました〜
慣れない田仕事に、自分の力量以上のことをしてたようです。
というか、体力がなかったですねふらふら
暑い中での作業なのに、水分補給や食事やら、あまり気を遣ってなかったのもいけなかったです。
豆さんが大工仕事を頑張っていたので、田んぼは自分がやらなきゃと気負っていたのも良くなかったかも。
まだまだ本調子で無いですが、海のシーズンも近づいてくるし、体調を整えて頑張らなくては。
体力向上も!

ちなみに、途中からほったらかしになった田んぼなので、広さは一畝か二畝しかありませんが、
田植えは無事に終わりました。良かった〜。
来年はもっと賢く仕事をしよう。



豆さんは飯南町の民家改修工事がほぼ終わり、いよいよ琴ヶ浜の工事に取り掛かろうとしています。
工事の途中から、豆さん疲れが溜まって免疫力が低下したのか、
持ち前のアレルギー反応が出てきて鼻が辛そうでしたが、だいぶと治まってきたみたいです。
『チーナカ豆』建築部、ありがたいことに、夏以降の仕事も入ってきております。
疲れを溜めないことを心がけ、頑張れおとうさん。


こんな感じで親たちはイマイチですが、子どもたちはいたって元気で何よりです。



さて、バッド(下向き矢印)なお話はさておき、本当は楽しいお知らせをしたいところ。
夏の『チーナカ豆』での久々のライブイベントのお知らせです。


resize1561.jpg


琴ヶ浜で夕暮れライブ。 〜「ゆにわ」〜

7月26日(日) 18時頃から

*1000円+投げ銭(1ドリンクとピザ付き)


既に地元では活躍されている、出雲市在住のアーティスト「ゆにわ」による、
『チーナカ豆』での初ライブです。
ピアニストであり、世界各国の民族楽器を奏でる歌島さんと
変幻自在の声で魅了する智美さんのユニット。
島根県立古代出雲歴史博物館の企画展テーマ曲も担当されているので、
その楽曲を耳にしたことがある方もおられると思います。
鳴り砂の浜で、沈んでゆく太陽をともに、幻想的で幽玄な世界が広がってゆくライブです。

しかも今回はなんと、八雲時代の『チーナカ豆』から演奏し続けてくれている
ジェンべ奏者の「げたお」さんも参加してのライブになります。
とても実力のあるアーティストによる、贅沢な空間。
琴ヶ浜にどんな音が生まれるのか、楽しみです。


また、このライブ、琴ヶ浜の『チーナカ豆』改装後の再スタート第一弾のライブです。
琴ヶ浜にもこのほど完成した石窯も本格始動!
生ビール片手にピザをほおばりつつ、夏の海を感じながら、流れてくる音に身を任せる。
か〜、いいじゃないですか。
もちろん、おいしいソフトドリンクもあるし、手づくりシロップのかき氷にありますよ〜。
JR馬路駅も近いので、電車で来られるのもいいですね。


とてもすてきな、楽しいライブになると思います。
お気軽にお越しくださいるんるん



ひらめきプロフィールひらめき

「ゆにわ」

*歌島 昌智
尾道市出身、出雲市大社町在住のピアニスト、サウンドクリエイター、身体調律師。
癒しと祈りをテーマに世界各国の民族楽器と声を駆使した音作りを追求し、
ダンス公演や演劇、ファッションショーなど舞台音楽を数多く手がける。
またその場に集う人から産まれる音を紡いで、即興的に歌や音楽を産み出してゆく
ワークショップも全国各地で展開している。
2000年より江崎智美(Voice)と共に古代の音を追求するユニット『ゆにわ』を結成。
即興演奏によるライブパフォーマンスや、
各種メディアへの楽曲提供の他、島根県立古代出雲歴史博物館の企画展テーマ曲も担当。
http://www.k2.dion.ne.jp/~yuniwa/profile.html

*江崎 智美
愛知県出身、島根県多伎在住のシンガー。
1990年から、R&B、ソウル、jazzのバンドやクラブ歌手、ミュージカル女優などを経て、
2000年より、自然の中で歌うことで喚起される声の神秘に触れ、
ユニットバンド『ゆにわ』を中心に、即興演奏家として活動しはじめる。
精神や霊性が目覚め進化するような息吹、大自然に抱かれ、大自然に育まれ、
大自然へと回帰していく中で、生まれる人の声と歌をテーマにイベントや舞台などに出演。



posted by 豆 at 14:28| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

「カカオラボ」vol.3〜出来たてのボンボンショコラ。

resize1400.jpg


田んぼの草刈りが続いています。
と同時に、デコボコの表土と草があったために、
表面に水が溜まっている部分が大分とあるので、
畦になるはずの部分の脇に溝を掘って、水を滲み出させることにしました。
スコップを持っての結構な重労働ですが、田靴を調達した私も加わり、作業を進めています。
分からないことだらけで、ちんぷんかんぷんですが、
手探りで自分たちの田んぼを作っていくのを今のところは楽しめています。
無事田植えができるまでどう進めていくか、、、ブログにも綴っていきますね〜。



さて、田んぼの話は横に置いておいて、、、、よいしょ、、、、っと
次は5月の連休中に予定しているワークショップのお知らせです。



お待ちかね、カカオラボ第3弾!
今回は「ボンボンショコラ」にも挑戦しますよ〜。
そして会場も新たにして、琴ヶ浜の『チーナカ豆』にて開催します!


カカオラボ.jpg


「カカオラボ」vol.3〜出来たてのボンボンショコラ。


生のカカオ豆を手網焙煎し、
オーガニックな砂糖と合わせて
ピュアチョコレートを作るワークショップ。
原材料はカカオ豆、カカオバター、オーガニック糖のみです。
また、手綱焙煎をした珈琲豆で美味しく淹れるドリップの仕方も併せて学べます。


日:5月6日(水・祝)


時間:11:00〜15:00


参加費:2500円(石窯ピザと出来立てのチョコレート、お飲みもの付)


ご予約・お問い合わせ:0854-88-4878、
               080-4261-6178(和山)



今回は、大人の香りのするボンボンショコラも手作りしちゃいます。
カカオの風味が際立つ出来たてのチョコレートに詰め込まれたお楽しみ。
感動の一口になりそう?
アルコールはちょっと・・・という方でも参加できるように、種類も考えたいと思います。
子どもさんにもおすすめの体験です。


タイムスケジュールは

11:00〜 カカオの焙煎(正味 1時間弱)から型に流すまでの作業

12:30頃〜 チョコレートを固めている間にお昼ごはん(石窯ピザ)

14:00頃〜 手綱焙煎した珈琲豆のドリップ講座をしながら、出来立てのチョコレートを食べる

15:00 ワークショップ終了(予定)



主催者の竹林さんは、
「今はとにかくたくさんのヒトに本物のチョコレートを知ってもらい、
インドネシアなどの国々のカカオ農家とダイレクトトレードをして支援できたら」という想いで、
ワークショプを開催されています。

チョコレート好きさんにはたまらないこのワークショップですが、
市販でよく売られているチョコレートとの違いを知るいい機会かなとも思います。


そしてまた、今回は琴ヶ浜での初開催。
カカオラボに向けて石窯を完成させ、出来立てほやほやの石窯で焼いたピザを
召し上がっていただく予定です。
店舗の改装は途中ですが、途中の段階も楽しんでいただけたらと思っています。
きれいな海と砂浜を感じながらのワークショップ、楽しい一日になると思いますよ〜。
興味を持たれた方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。お待ちしてま〜すぴかぴか(新しい)



resize0833.jpg









posted by 豆 at 14:28| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

23日(日)は「カカオラボ」!

10、11月の週末は、毎週何かのイベントがあり、忙しくしています。
今週は平日にも、ちょっとした会が開かれました。
一昨日のことでしたが、「オフグリット」な暮らしを営む西日本の方々を取材中の、
「新井由己」さんというライターさんのお話を聞く会でした。


オフグリッドな生活とは、グリッドが「線」、オフは「離れる」を意味し、
電力会社からの送電線に頼らずに、
自宅で電気を生産し自宅で消費する生活=電気の自給自足をする生活のことです。


『チーナカ豆』では、暖や調理は薪を使用し、ガスを極力使わないことはできますが、
電気に関しては、無駄な電気を使わないことぐらいしか、暮らしの中ではやっていません。
ただ、無駄な電気を使わない、というのも微妙なところで、
電気は目に見えないから、使っていることをあまり肌身に感じないままついつい使ってしまっていて、
確実に電気代は引き落とされている、という現状です。
特に冷蔵庫なんかは、うちは飲食店をしているので数が多いし、
その上冷凍庫もあるので、それだけ分の電気量を毎月必ず消費しています。
ただ、今の冷蔵庫はかなり省エネになっていて、冷蔵庫を買い換えるだけでも、
だいぶと電気代を節約できますね。
そうそう、「冷蔵庫は電気を切ると壊れる」という話が神話のように語り継がれていますが、
どうもそんなことはなく、夜中は毎晩切って寝る、という方もおられるそうです。
ファンが勢いよく回っているときを除けば、冷蔵庫は電気を切っても大丈夫なそうです。
これも目からウロコでした。
田舎では、お盆のときに使うからと、普段中に何も入っていない古〜い冷蔵庫を年中付けっぱなしにしていることがよくあるそうですが、
それは何とも勿体無いということが分かりました。


また、「電気の自給」と聞くと、なんかもう、すごい決断をして大費用をかけて、
「やるぞ!!!」と意気込まないとできないような気がしていましたが、
家庭菜園みたいに、ベランダに太陽光パネルを置いて、全部ではないにしろ、
いくらかを自給されている方もいたりして、
ああそうか、野菜を作るみたいに気軽にやってみればいいんだとも思いました。
最初にいくらかの初期費用がかかるにしても、ネットで安く揃えて組み立てれば、
すぐに元も取れそうです。
しかも、自分で作った野菜だと愛着が湧いて、より大事に食べようとするのと同様に、
自分で作った電気だと、より大切に使おうとするのだと聞きました。
なるほどな〜。


現代の日本社会では、電気は電力会社から買うのが当たり前になっているけども、
実は電気を自給するのはそんなに難しいことではなく、
本当に必要な電気だけを使うようにして、自分で自給できる電気量で生活することは夢物語ではないのだ、
と思えたのでした。


私の拙い知識ではいろいろとうまくお伝えできていないかもしれませんが、
とても面白い話だったので、ブログに書いてみました。
実は本当は、いよいよ明後日は「カカオラボ」ということをお伝えしたかったのですが!
今回は参加者の方が少なく、ゆっくりのんびりと、和やかにできそうです。
まだ参加申し込みができますので、ご予定のない方はぜひどうぞわーい(嬉しい顔)
ちなみに今回は、私たちも参加しま〜するんるん

カカオラボ.jpg




posted by 豆 at 16:31| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

12月6日は、南正人live in 『チーナカ豆』 vol.6

木枠の窓がガタゴト音を立てています。
ああそうだ、宅野は、海沿いの山陰の土地は、
毎年冬、この風の強さに耐えているんだな、
と思い出します。
今はまだ寒さは軽いですが、これからまたどんどんと、
昨年のように、一昨年のように、冬になっていきますね。


八雲時代から何度も唄いに来てくれているシンガーの中に、
南正人さんがおられますが、
一番最初が秋だったかな、それ以降は、梅雨の時期が多かった気がします。
…ん?覚え違いかも?
でも、薪ストーブを焚いている季節は少なかった感じがするなあ。
2年ぶりの今年は、薪ストーブの炎と南さんの唄が、
じんわりと身と心を温かくしてくれるような、
そんなライブになる気がします。


放浪のビートニックシンガー「ナミサン」のライブ VOL.6


南正人live vol.jpg


南正人 LIve in 『チーナカ豆』


2014/12/6(土)

18:00open/18:30start

料金:2000縁(1drink付き)/夫婦割り 3000縁/中高校生 1000縁

ご予約・お問い合わせ:0854-88-4878、080-4261-6178(かずやま)



今回はなんと、夫婦割り、中高生割りを設定しましたので、
より、来ていただきやすいと思います。
ぜひぜひぜひお気軽にどうぞ〜。

70も近いお歳ですが、そのエネルギーは微塵も衰えない気がします。
めちゃかっこいいです。
何十年も唄い続けて来た深みのある音、みなさんに聴いていただければ思っています。




さて、少し長く体調を崩したユージンでしたが、ようやく復活を遂げました。
いろいろと溜まっていたのかもしれませんね。出せてスッキリ。
地元で採れた新鮮なナメコがおいしいユージン。

resize0515.jpg


「ザリガニ」が言えなくて、「エビカニ」とか言っているのの。

resize0516.jpg












posted by 豆 at 17:36| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

「カカオラボ」vol.2〜本物のチョコレートを知る。

10月もあとわずかですね。
ということは今年もあとふた月。
早いな〜。
今回は、来月下旬の、『チーナカ豆』のイベントをご紹介します。


カカオラボ.jpg


「カカオラボ」vol.2〜本物のチョコレートを知る。


生のカカオ豆を手網焙煎し、
オーガニックな砂糖と合わせて
ピュアチョコレートを作るワークショップ。
原材料はカカオ豆、カカオバター、オーガニック糖のみです。
また、手綱焙煎をした珈琲豆で美味しく淹れるドリップの仕方も併せて学べます。

日:11月23日(日)

時間:11:00〜15:00

参加費:2500円(石窯ピザと出来立てのチョコレート、お飲みもの付)

ご予約・お問い合わせ:0854-88-4878、
               080-4261-6178(和山)



前回は多くの方に参加していただけましたが、
後日、日が合わなくて行けなかった…という声もよく伺いました。
ので、今回、興味を持たれ、ご都合の付く方はぜひ!

出来上がったチョコレートはもちろん美味しいし、
カカオ豆を焙煎する香ばしい香りに包まれるだけで、
何だか、幸せな気持ちになれます。



タイムスケジュールは

11:00〜 カカオの焙煎(正味 1時間弱)から型に流すまでの作業

13:00頃〜 チョコレートを固めている間にお昼ごはん(石窯ピザ)

14:00頃〜 手綱焙煎した珈琲豆のドリップ講座をしながら、出来立てのチョコレートを食べる

15:00 ワークショップ終了(予定)



主催者の竹林さんは、
「今はとにかくたくさんのヒトに本物のチョコレートを知ってもらい、
インドネシアなどの国々のカカオ農家とダイレクトトレードをして支援できたら」という想いで、
ワークショプを開催されています。

チョコレート好きさんにはたまらないこのワークショップですが、
市販でよく売られているチョコレートとの違いを知るいい機会かなとも思います。

興味持たれた方はぜひぜひご参加ください!
お待ちしております。







posted by 豆 at 13:00| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

秋の『チーナカ豆』始動開始!〜10/11(土)は神在月音楽ライブ♪

みなさま、お久しぶりです。
前回のブログはいつ更新したかな…


!!!!


『チーナカ豆』は今いったい何をしているのかと不思議に思われているかもしれません・
いや、忘れられてしまっているかも…。


目まぐるしい忙しさが来ると思われていた夏。
蓋を開けてみれば天候の悪さに夏らしい営業ができず、
また豆さんの大工仕事も終わりを見せず、
ワタクシは水面下で、家仕事や畑仕事、子どものこと、今後の『チーナカ豆』のあれこれなどに取り掛かりつつ、普段から想いを寄せていたことに近づき始めることができた日々でした。


季節は巡り、今や秋。
豆さんの大工仕事もようやく終わりが見えてきました。
『チーナカ豆』も始動開始です。
そしてブログも再開!(自分に言い聞かせてます!)




『チーナカ豆』の今後の予定ですが10月は週末ごとにイベントに出店する予定です。
ざっとお知らせしますと、

10/12(日) まちなかオーガニックマルシェ(出雲)
10/18(土) さんべ祭り(三瓶)
10/19(日) ハロウィンだるま通りマルシェ(大田)
10/25、26(土、日) マルイガス感謝祭(大田)


それぞれについての詳細はまたお知らせしますね。

また、11月の下旬にはオーガニックチョコレート作りのワークショップ「カカオラボ」第2弾や、
12月最初の土曜日は「南正人」さんのライブを予定しています。

またお知らせしますので、覗いて見てください〜!



そして、秋の始動開始にちょうどいいタイミングで、こんなライブが予定に入りました。

resize2229.jpg


神在月音楽ライブ


美しい海と鳴り砂の琴ヶ浜。
夏らしくなかった今年の夏も終わり、秋がやってきています。
そこで、夏開きならぬ夏閉まり、秋開きの日。
アフリカの太鼓ジェンベによる大地の音と唄やギターによる楽(楽しい)音、
それに海の音が加わってのライブ。
そして、音を聴きながら、日頃恩恵を受けている海に感謝し、
いのちと連動する月を眺め、身近に感じてみる。
そんな夜。



〈とき〉10月11日(土) 18:30〜
〈場所〉琴ヶ浜の『『チーナカ豆』
     太田市仁摩町馬路 琴ヶ浜海水場そば
      (JR馬路駅より徒歩5分)
〈料金〉投げ銭+飲食代
〈ご予約・お問い合わせ〉080-4261-6178(和山)


《出演者》
*「TAYUTA pilgrim(タユタ ピルグリム)」
 HIRONO(vo)とまさ(per)による地球放浪音楽ユニット。pilgrim(ピルグリム)とは、
巡礼者や放浪者という意味。
唄とギターと太鼓とポジティブを背負って、音の導かれるままにネパール、インド、アフリカ、カナダなどへ。
日本とアフリカの音楽スピリットをベースに、大地の音とこねあわせてこしらえたSOUNDを奏でながら、
各地の聖地や部族のお祭り、フェスなどに出演、そして、その地域の暮らしに溶け込みながら地球放浪中!

*「まつ」
 2011年7月、東日本大震災を機に、神奈川より島根に移住。
飲食店、福祉施設、保育園、祭りなど、様々なご縁でライブ活動を展開。
民族楽器、ディジュリデュ、石笛、カリンバ、スピリットキャッチャーなどで、
物部神社、鰐淵寺、須佐神社などの様々な神社仏閣での御奉納演奏もしている。
また、竹楽器作りのワークショップ、ライブイベント企画なども行い、
音楽の持つ力、楽器の楽しさを伝えながら活動中!



当日は、アフリカ料理のクスクスや秋野菜たっぷりのカレーなどをご用意する予定です。
手作りの果実酒やジュース、あたたかいお飲み物、それから今年最後の?海ビールもどうぞ!

おひとりでも、家族とでも、仲間とでも、みなさんお気軽にお越し下さい♪





posted by 豆 at 14:29| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

【PEACE WALKER’s Gathering!!】in琴ヶ浜の『チーナカ豆』

今日は民族楽器のワークショップがあり、実は今ごはんの仕込をしなくてはならないのですが、
子守のあてにしていた、いとこの兄ちゃんたち&ユージンが出かけてしまったので、
ののとふたり・・・
仕込みがストップしてしまいました。
でもおかげで、辺りを散らかされながらも、
手付かずだったブログが書けてるからいいか?!


さて、今日は民族楽器のワークショップが琴ヶ浜であります。
おすすめです!
今日書いた前回のブログもぜひぜひご覧ください!


そして、前盆の12日。
この日も急遽、イベントが入りました。
こちらも多くの人に来て欲しいイベントです。
おそらく12日は天気も良くなっているはず。
夕日を眺めがてらの数時間が、とてもいい時になると思います!




***************************************

10425160_644164432357066_7366323761576659976_n.jpg

【PEACE WALKER’s Gathering!!】in琴ヶ浜の『チーナカ豆』
〜地球は一つの大きな家族〜 フグリさんのLIVEもあるよ♪


この地球には、と〜ってもたくさんの生き物が生きている。

空を自由に羽ばたく鳥さんや、海や河を泳ぐ魚さんたち
大地に太陽の恵みや彩をもたらす植物や花、その茂みの中に生きる虫さんたち…

僕たちニンゲンも、そう!!
私たちは、地球に生きる生命がみんなで仲良く、生きていけることを願いながら
、学びながら、歩いて旅をしています。

僕たちウォーカーと、(イベントをする土地の名前)に暮らすみなさんと、語り合い、交流することで、きっと素敵なつながりが産まれるにちがいない♪

これは、そんな想いを込めた集まりです。
さぁ、みんなで輪っかになって、つながろう!!

PEACE WALK ~Play for all life~ FBページ
https://www.facebook.com/playforalllife

□■詳細■□

日時:2014年8月12日  17:00(開場) 17:30(開演)〜20:30(終了)
場所:琴ヶ浜の『チーナカ豆』 住所:島根県大田市仁摩町馬路 琴ヶ浜駐車場すぐそば
参加費:ワンオーダー(ドリンクorフード)+ カンパ(ウォーカーの活動費となります)
お問い合わせ: 080-3885-4211(かずやま) 080-2440-1464(はまだ)



☆★イベント内容★☆
ピースウォーカーのおはなし
ヤマイヌノフグリ LIVE♪
ざっくばらんな交流会!!



○プロフィール○
濱田直翔(はまだ なおと)PEACE WALKER

2011年3月11日をキッカケに、『みんなが心から幸せに生きられる世界』を目指し始め、震災支援やボランティア、環境活動など、旅をしながら幅広い活動に飛び込む。その中で、ピースウォークに出会い、アメリカや日本中のウォークに参加。歩く旅を通して、体感し、学び、伝え、人や自然に出逢うことに魅了され、歩き続けることを決意。
ウォークや、イベントでのトーク、文章など、さまざまな表現を通して「平和に向かって生きる」メッセージを伝えている。

〜いままでの経歴〜
2011年 東日本大震災をキッカケに、震災支援活動に関わる。意識が変わり始める。
2012年「世界を平和にするため」大学を自主退学。旅をしながら、幅広い活動に参加。
内モンゴルの砂漠にて植林活動。(ハッピー植林フェスティバル)
2013年 アメリカにて「NoMoreFukushimaPeaceWalk」に参加。福島で学んだメッセージを伝えながらNY~WashintongD.Cまでの約600Kmを歩く。帰国後、旅を続けながら日本中を歩く。(命の行進、沖縄平和行進など)。
2014年 ピースボート「旅と平和」エッセイ大賞を受賞。
http://www.peaceboat.org/projects/essay/grandprix/grandprix09
8月6日(広島)〜9月28日(東京) PEACE WALK Play for all life 主催。





posted by 豆 at 10:41| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音浴の日〜聴いて、作って、奏でよう♪〜in 琴ヶ浜の『チーナカ豆』

週末に悪天候が重なり、今年の琴ヶ浜の『チーナカ豆』は静かな営業が続いています。

豆さんの大工工事が終わらず、家仕事をしながら海の家をどう切り盛りしようかと
頭悩ませていたので、この静けさが、幸か不幸かって感じもありました。

しかしさすがにここまで度重なると夏らしくないし、、
盆3日間は、馬路の町の人たちが1年間待ちわびた盆踊りがあるので、
そろそろ天気が良くなってほしいなあ。
天気予報では、この台風が去った後は、ようやく晴れ間が出そうですね。
特に台風による被害がないだけでも感謝すべきかもしれませんが。


さて実は、まさに台風直撃と言われていた今日、イベントを企画しています!
今日はこの天気だし、なかなか海に行こうとは思わないかもしれませんが、
雨風も弱く、海は穏やかな感じです。
海水浴は寒いかもしれないけど、海のそばの屋内でのワークショップなら、
充分楽しいですよ〜!
特に今日の予定がなく、暇を持て余している方、ぜひぜひ琴ヶ浜に足をお運びください
そしてまた、この企画、16日(土)にも予定しています。
今日がだめでも、次の機会にぜひご参加ください!
夏休みの自由研究にもおすすめですよ〜!


************************************************

『まつ』プレゼンツ『音浴』は夏のライブ&ワークショップ。(8月16日もやります)
日本で数少なくなった貴重な『鳴り砂』の砂浜、綺麗な海の琴ヶ浜『海の家チーナカ豆』で開催!
音浴びして暑い夏を乗り切りましょう!


☆タイムテーブル
14:00『まつ』 民族楽器ライブ
14:30 竹で楽器作り
15:00頃 作った楽器をみんなで演奏
15:30頃 誰でも発表会
16:00頃 『まつ』ギター弾き語りライブ

(途中参加、退場自由)

◎参加費 300円 +飲食代
(作った楽器トンガトンは持ち帰れます)
◎割引 親子二人 500円+飲食代
チーナカ豆の特製手作りシロップかき氷おすすめ!400円なり!他メニュー色々☆

昼くらいから海水浴。あがってチーナカ豆でご飯食べてライブ聴いて楽器作ってみんなで演奏して帰る。
良い夏休みの一日じゃないか☆
一人の方歓迎!親子歓迎!気軽に遊びに来て下さい。

☆これメインです。↓
竹で楽器作りは、こどもさんはもちろん大人も楽しめます。
小学生の自由研究にもおすすめ。
『トンガトン』というフィリピンのカリンガ族の楽器を作りみんなで合奏します。
竹をスパッと切るだけの楽器ですが、とっても良い音が出ます。小さい子でもできます。しかも大勢でやるとすごいことになります!やれば分かる(笑)


他希望あれば、『ディジュリドゥ』というアボリジニーの楽器、『スピリットキャッチャー』という弓の様なネイティブアメリカンの楽器も竹で作れます。
スピリットキャッチャーも小さい子でも簡単に音出せます。
ディジュリドゥは少し難しいですが、循環呼吸など吹き方教えます。ディジュリドゥもスピリットキャッチャーも竹以外の材料費かかるため別途300円いただきます。もちろん作ったディジュリドゥもスピリットキャッチャーもお持ち帰りできます。

民族楽器ライブは、学校ではきっと習わない楽器の説明しながら、様々な音を楽しんで下さい。音の世界一周旅行(笑)
作る楽器トンガトン、ディジュリドゥ、スピリットキャッチャーはもちろん、オルゴールのルーツアフリカの楽器『カリンバ』、縄文の遺跡からも発掘されている『石笛』、ユーラシア、アジアなど世界中に色々な形である『口琴』、チベットの法具『シンギングボウル』など聴いてもらう予定です。

※14時から15時半くらいまでの流れです。

15:30頃からは、誰でも発表会のコーナー!
ルールは、五分くらいの時間でできる芸をを披露してもらうコーナーです!
誰でも参加可能です!
歌、楽器演奏、ダンス、漫才、落語などなんでもオッケー!
海で歌ったら気持ちいいですよ♪
参加者募集します。連絡下さい。

最後16:00頃からは
☆まつのギター弾き語りライブは、小一時間くらいやります。


そんな夏の日の一日いかがですか!

☆『まつ』プロフィール
http://matsuwa.exblog.jp/
太陽33しまね代表
「島根有機農業協会推薦ミュージシャン」。
2011年東日本大震災をきっかけに神奈川から島根にIターン。ギター弾き語りライブを中心に、様々な民族楽器で神社仏閣での奉納演奏活動も行う。ギター弾き語りライブは、保育所、飲食店、福祉施設、祭、各種イベントなどでやってきました。御奉納演奏は、元THE BLUE HEARTSのドラムの梶原徹也さんや山口県の兄妹デュオマウンテンマウス、和太鼓奏者友岡宣仁さん、出雲の笛奏者樋野達夫さんなどとコラボレーションで行ってきました。物部神社、鰐淵寺、須佐神社、山口県般若寺、宮島大聖院など。
ご縁あるアーティストを島根に招き音楽を通して地元を盛り上げよう、地元のお店などに曲をプレゼント、閉校になった学校校歌を復活保存しようなどなど「勝手に地域おこし協力隊」活動も一人で展開中。
2013年10月14日三瓶山西の原で、会場にいる全員で太鼓など叩く祭『太陽大感謝祭しまね』の代表を務めた。












posted by 豆 at 10:15| 島根 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

7月20日は『うたえほん』。

先週金曜日の音楽イベント『海とカレーと音楽と』
多くのお客さんに来ていただきました。
ありがとうございました。
台風が近づいていたために、一時は、どうなるかな〜と心配もしましたが、
当日は台風の影響もなく、きれいな海と夕暮れ空が広がり、
とてもいい雰囲気の中、ライブを行うことができました。


今回琴ヶ浜でのライブは初めての、大阪から来てくれた、実は、あんたが太陽のすみのくん、
数日前に飛び入り参加決定、豆さんの工事現場でも優秀な助手のフグリンとパートナーのかっこいい&かわいい(&おもしろい)メイちゃん、
いつも楽しい企画を持ちかけてくれ、ライブでみんなを盛り上げてくれるまつくん、
最高の歌を聴かせてくれました。ありがとうございました。
またやろうね!




そして、その翌日と翌々日の2日間、町ぐるみで行った「仁摩で恋活」というイベントがあり、
『チーナカ豆』はお手伝いをさせていただきました。
こちらも無事に終了。
男性28名、女性28名の参加で、9組のカップルが誕生したそうです。
うまくゴールインし、サンドミュージアムで結婚式…なんてことになったらいいですよね。
参加者の皆さんも、全くのボランティアで動かれた大勢のスタッフの方々も、本当にお疲れ様でした!




そんな琴ヶ浜での『チーナカ豆』、先週末3日間は海の家に向けての準備体操、という感じでした。
さあ次は、本格的に始動開始…と行きたいところ。
なのですが、ここに来て、ののとユージンと私と、体調を崩しております。。。
ののにどこからか訪れた胃腸炎が治まらず、しかもユージンに移り、
また、体調が悪くすこぶる機嫌の悪いののを常に抱っこしていたせいで、私はギックリ腰になってしまいました。
3人は冴えない顔で家に閉じこもったままです〜
本来ならば、掃除に片付け、…、とピッチを上げて動かなければならないときに…。
頼みの豆さんは三瓶で、朝から晩までびっちり大工仕事なので、琴ヶ浜に手をつけられない状態です。


というわけで、海の家がどう始められるか、今は何ともお知らせできない状況です。
ただ20日に既に決まっているイベントがあります。
その日は何としてでもオープンしていますので、みなさま、ぜひぜひお立ち寄りください!
イベントの内容は、おとなもこどもも楽しめる、ワークショップ風のお話ライブと、
ピアノと歌のミニライブです。


img006.jpg


夏の『うたえほん』

〜海辺で繰り広げられるふたつの物語〜

7月20日(日) 12:00open/13:00start

 
<料金> 投げ銭+1オーダー

 
<ご予約・お問い合わせ> 0854-88-4878(『チーナカ豆』)


*出演者

「Quesa(ケサ)」
京都府在住のユニット。
歌とお話を主体に、アニメーションなどの技法を用いながら物語を進める『うたえほん』を展開。
人生の味わいやワクワクを歌っていくことで描き、表現をする。
「楽しむことの大切さを知ったり、共有する共感する素晴らしさを知ったり。
 好奇心を育むことや、今よりちょっと勇気を与えたり、心をを軽くしたり、
 慰めたり希望を見出すこと。
 すべての‘体験する‘ということの大事さを確認できるきっかけに」

「たくえちえ」
松江市在住。とてもあたたかいピアノと歌を表現する。



 この企画のサブタイトルの「ふたつ」の部分には、2つの意味を重ねていて、
ひとつは、『うたえほん』のストーリーの中に2つのイメージがあり、おとな向けのストーリーと、子ども向け、家族向けのストーリーとが含まれているということです。
もうひとつの意味は、この企画が「Quesa(ケサ)」「たくえちえ」の2組の表現者によってなされるということ、になります。
…うまく文章で伝えられたでしょうか?

とまあ、そんな細かいことは気にしないでよくて、
ただ、日常の一コマの中に「楽しむ」という時間が生まれたらいいではないか、
そんな感じです。
正直、私も初めての出演者の方々なので、どんな展開になるのか、全く予想がつかずですが、
このお話をいただき、企画書を見せていただいたときに、
全体としてあたたかいものを受け取って、
何となく、うちでもやってもらいたいな〜、
と思ったのでした。
お客さんと一緒に「楽しむ」時間を共有できたら、と思ってます。

*『うたえほん』の動画が見れます→http://youtu.be/QGKSyE5ZjAk


さて実は、琴ヶ浜に海水浴で来られる方々に情報発信!
と思っていたところ、
20日に梅雨が明けているかどうか分からない状況に、青ざめてきたどんどるまです。
『うたえほん』、このあたりではまだ未公開です。
どうぞみなさま、この機会に、ぜひ琴ヶ浜の『チーナカ豆』においで下さいぴかぴか(新しい)






posted by 豆 at 23:09| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

来週金曜日11日は琴ヶ浜で音楽ライブ!

久しぶりに梅雨らしい、湿った日です。

子どもの頃は、雨が降ると外で遊べないから、
と梅雨の時期はつまらなかったような記憶があります。
でも今は、一応大人になったし、畑もちょっとばかしやったりしているので、
やっと降ってくれた雨がありがたいです。
このところ水遣りがかかせず、まだ成長期の苗たちも伸びが鈍っていたところでしたので。

また、向かいのおばあちゃんが1週間留守にされていて、
その間の、キュウリやナス、トマトの水遣りを任されているのですが、
ここ数日は雨が全然降らなかったので、キュウリが元気をなくしていて、心配していました。
念入りに朝昼と水遣りをしていたら、元気を取り戻してくれて、ちょっとほっとしていましたが、
やっとそれらしい雨が降ったので、恵だ〜と安心しているところです。

晴れの日が続いたここ数日、ユージンもののも思い切り外で遊べて忙しかったですが、
『チーナカ豆』も、この時期にこんなにすることがあったっけ?
て感じの日々でブログも置き去りになっていました。

前回のブログでは大塚さんのライブのことが書いてありましたね。
(もう1ヶ月経っている!)
無事に終わりまして、そのことに関しては豆さんのFBを拝借。

**************************************
10406931_640098626068678_6103214310871796357_n.jpg


三年振りの大塚さんの島根ツアー無事終了し、9日西茶町の喫茶МGで名物のカツ丼を頂き松江駅でお見送りしてまいりました。
МGのあっちゃんにユージンとののを見せられて良かった。

六十四歳まさじさん、三段目のロケットに点火したという感じでしょうか。
六十歳越えという境地で、どんな地平が広がっているのか。
僕もあと二年で「六十」。
早くお出で、エエでぇー!
と、お誘いを受けました。

МGのライブは特に良かったです。
宅野の方も良かったですが、僕たちの方に課題が残りました。でも、来年は大丈夫。

当日、来ていただいた方、事前で、いろいろと動いて助けて頂いた方、今回、都合が合わなくて来れなかった方。

ありがとうございました。
来年も、よろしくお願いいたします。

*************************************


相変わらず、大塚さんの唄は本当に良かったし、打ち上げが最高に楽しかったです。
来年がまた楽しみです。

その後、『チーナカ豆』は何をしていたかというと、
多伎町のカフェ「蒼」の8周年のおまつりや出雲のまちなかオーガニックマルシェに参加したり、
また私は、ご近所さんからいただいた杏をかき氷のシロップや焼酎漬けにしたり、
久利町の福田さんから無農薬の梅を買わせてもらって、梅酒や梅干、梅シロップに、
それから海の家で販売できるようにと赤紫蘇ジュースを仕込んだり、
畑もいろいろ忙しく、今年は田植えの手伝いなんかもしてました。
豆さんは三瓶の民家の改修。
全体的には遅れているようですが、日に日に進んでおり、こんな様子です。

************************************

(6月19日)
先ず、天井閉じから。ずっと上を向いての作業は疲れます。朝、背中と腰の筋肉が痛み、なんでだぁと思った瞬間に原因が分かりました。

ほぼ天井が片付いて、今度は床下。レベルを見れば見るほどに混迷を深める。あーでも無いこーでもないとやってる間に時間だけが過ぎていきます。ま、方向が決まる前にはそういうことも無駄ではなということです。いちよ、どうするかは、決まりましたから。
あぁ、だけど疲れた。今日は夕日が沈む前には帰ります。

おっと、西田さんも参戦しております。

(6月28日)
志学N邸改修工事現場から。今日もやってまーす。明日は休む予定。
目下、一階の和室だったニ部屋の床と格闘中。二部屋に仕切られていた時は多少レベルが狂っていても一部屋づつ処理出来たものが、今回仕切りを取り払ってワンフロアになるので結構大変です。結局、束をいじらなければなりませんでしたよ。といっても、なんのことかですよね。ま、結構大変でしたということです。でも、先は見えてきてます。大引きと根太の組み替えから断熱材、の上に構造合板を下地材として張るというところまでを目指して作業しています。そしてその上にフローリングがのります。

(6月29日)
ここのところの、進捗状況を。
一階の和室だった二部屋は床下地のところまで終わっています。あとは杉のフローリング材が届けば貼るばかりです。三つ在った押入れの二つは潰しフロアになるので、結構、広いスペースになります。
二階の子ども部屋の床下地のレベル調整も終わりました。床が蒲鉾状になってました。平らになると、やはり、落ち着きます。床は檜のフローリング材で仕上げる予定。
いよいよ、台所の床剥がしです。シロアリ用の防腐防虫剤を塗って、下地の準備。
いやーまだ道半ばです。が、進んでは居ります。
京都から渋柿も届いて・・・・。

(7月1日)
再び、志学N邸改修工事現場から。
昨日は溜まった事務処理のようなものや支払い片付けなどで一日潰れました。琴ヶ浜のVA線の処理は終わりました。作業中2回ほど火花をちらせてしまいましただ。
今日は玄関と台所の床周り。下地の為の下地みたいなことから。フローリングを貼ると見えなくなる部分ですが、結構手間で時間が掛かります

10409599_649247308487143_4973422077669452409_n.jpg


*************************************

画像がたくさんあるのですが、たくさん過ぎて載せられないので、
本当に適当にすみませんが、一枚抜粋しました。

というわけで(?)、もう7月に入ったのに、琴ヶ浜の準備をなかなか進めないでいて、焦っております。
「ステキなカフェ」への改修が間に合わず、去年とほぼ同じ感じで始まるのは決まったようなものですが、海の家メニューの見直し、掃除や片付け、必要なものの準備、配置等、仕事を山積みにしています。
着々と前もってできなかったことに自己嫌悪〜もうやだ〜(悲しい顔)
それでも時は刻々と進みますので、頑張りますグッド(上向き矢印)


そんな琴ヶ浜の『チーナカ豆』ですが、やっと本題です。
7月に音楽イベントをふたつ企画しています。
ひとつは、来週金曜日の7/11です。
そうです。もう1週間後!!

10479089_649330211812186_6911720956309930483_n.jpg


♪琴ヶ浜の『チーナカ豆』でギター弾き語りライブ♪

『海とカレーと音楽と』

*7月11日(金) 18:30〜20:30

*投げ銭+飲食代



暑くなってきてカレーが美味しい季節。
ゆっくりと音楽を聞きながら、カレーを食べたり、ビールを飲んだり。
自家製無添加シロップのかき氷もありますよ。
カレーは数種類ご用意して、いろんな味をお楽しみ頂けます。
子どもさんもご一緒に、お気軽に、ぜひぜひどうぞ。
(ご予約・お問い合わせ→0854-88-4878、080-4261-6178)


出演者は、琴ヶ浜で2回歌ってくれたことのある「まつくん」と
ご友人の「OBUTSUDAN-SUMINO」さんです。

出演者プロフィール
*「まつ」
1976年神奈川生まれ。2011年東日本大震災を機に島根にIターン。
保育園、福祉施設、祭り、飲食店などでギター弾き語りを中心に活動。
神社仏閣では、民族楽器ディジュリドゥで御奉納演奏をさせていただいています。
大阪で行われた「太陽大感謝祭」に感動し、「太陽大感謝祭しまね」を立ち上げ、
2013年10月14日、三瓶山西の原で「太陽大感謝祭しまね」を開催した。

*「OBUTSUDAN-SUMINO」《お仏壇のすみの》
1986年大阪生まれ。
2011年に弾き語りミニアルバム「TENT」、
2013年に打ち込み多用したカセットテープアルバム「ISLAND HEAD」をリリース。
祭り興しプロジェクト「TAIYO33OSAKA」にも参加し、2013年3月3日万博記念公園で開催した「太陽大感謝祭」に携わるなど、土着的でフォーキーな活動を続けている。



当日の天候が分かりませんが、一足先に夏の海を感じられるかもしれません。
海のすぐそばでのライブ、開放的で、気持ち良くて、ぜひおすすめしたいです。
お待ちしてま〜すわーい(嬉しい顔)










posted by 豆 at 14:34| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

『チーナカ豆』建築部報告。

大塚まさじライブ-ウェブ.jpg


大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

6月8日(日)

開場:18:30/開演:19:00

料金:3000円(特製カルツォーネ+1ドリンク付き)

お問合せ:0854-88-4878



先日、地元紙山陰中央新報さんで紹介していただきましたが、
まだまだチケット販売しております。
多くの方に聴いてもらいたい、心に染み入る大塚さんのライブです。
ライブ後には、楽しい美味しい打ち上げもありますよ〜♪




さてここからは、『チーナカ豆』建築部の現在の仕事風景です。

前の古民家の改築が終わり、行ってみれば、陰鬱としていた台所がなくなり、
とってもステキな、囲炉裏の間から続く廊下の空間ができていました。
ビフォーを知っていたので、アフターにびっくりです。
そして今取り掛かかり始めたのが三瓶の民家。
昭和の建物がどのような変化を遂げるのか?

*************************************
5月26日。
あいにくの雨ですけれど、三瓶の志学に来ています。川合のN邸の改修工事は4月の末で終了して居ました。その後少し直しが有ったり、イベントへの出店があったりとバタバタしましたが今日から三瓶の志学のN邸の改修工事しっとりと始まりました。
近くに岳人というカフェがあったのでお昼時間を利用してコーヒー飲んでます。

10304502_632196776858863_5840611232659056781_n.jpg


7時30分、今日はここまで。
また明日。

10348996_632299650181909_3898934432736760797_n.jpg
1958225_632299660181908_667352407140054633_n.jpg



5月27日。
志学N邸改修工事2日目。
今日からフグリんが合流。
徐々にピッチを上げていきます。

10334286_632784366800104_7063779196706942220_n.jpg
10385304_632784446800096_6361335663632554322_n.jpg



5月28日。
志学N邸改修工事3日目。
二階から一階に降りて和室二つの解体作業。
押入れの屋根裏のようなところから落下物。エロ本?施主には年頃の男の子が居る。ここはひとつお兄さんが持ち帰って処分しておきましょう。
天井が低いので取り除き梁を表しにする予定。イケてるかも!

1377312_633208286757712_5516237179176371834_n.jpg
10390224_633208346757706_6401014531648281979_n.jpg
10418928_633208233424384_1429692133444911878_n.jpg



***************************************

『チーナカ豆』の改築の時もそうでしたが、前に住んでいた人の物を発見、物色するのも
なかなか面白いものであります(ときには辛くなることもあるけど…)
しかしまあ、タオルでマスクをし、エロ本を両手にカメラ目線のフグリンは、何者?!な写真ですね。

『チーナカ豆』建築部の進捗状況、またに続きます。
乞うご期待?!





posted by 豆 at 13:50| 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

今日はあいにくの雨模様。
実はユージンたち仁摩小学校の1年生と2年生は、琴ヶ浜へ遠足だったんです。
きっと雨で中止ですね。
もしも琴ヶ浜の『チーナカ豆』がオープンしていたら蜂合わせで面白いな〜と思っていたけど、
それも延期しているので、琴ヶ浜でのユージンとの顔合わせは幻になったかな。

ユージンたちにはあいにくの雨も、畑の野菜たちにはめぐみの雨だったりします。




先日の嵐による天井からの土埃が家のあちこちに散らばっているのが気になるので、
掃除しなきゃと思いつつ、先にブログでお伝えしておかねばならないことがあるので、書いています。

前回のブログ、久しぶりに豆さんが書いてくれました。
と言っても、「予告」という短いもの。
「本編」はここから?
  
大塚まさじライブ-ウェブ.jpg



大塚まさじライブ@『チーナカ豆』

6月8日(日)

開場:18:30/開演:19:00

料金:3000円(特製カルツォーネ+1ドリンク付き)

お問合せ:0854-88-4878




久々の大塚さん。
島根は3年ぶりなんですね。
そうか、ののが生まれる前に唄いに来てもらっているから、
ののが2歳なので、それくらい経ってるなあ。
早いですね〜。
その間に、大塚さんは主演で映画デビュー(『父のこころ』)を果たしたり、
いろいろと変化があるのでしょうけど、そんなお話を聞いたり、心に染み入る唄を聴いたり、、、
とにかくまたお会いできるのがとても嬉しくて仕方ありません。
(個人的には、奥さまのまりさんとの再会も楽しみです)


ウィキペディアには、

「大塚まさじ(おおつか まさじ、1950年3月18日 - )は、大阪府出身のフォークシンガー。 1950年、大阪府茨木市に生まれる。

子どもの頃から家業の養鶏を継ぎ、牧場をつくる夢を温め続ける。高度経済成長期後半、周辺環境や養鶏業が著しく変貌していくなか、何とか夢を形にしようと家を出て、1969年大阪・難波元町の小さな喫茶店「ディラン」のマスターとなる。ここで西岡恭蔵、中川イサト、友部正人、高田渡、加川良など、今も交際が続く多くの人たちと出会う。ディランの常連の中からザ・ディランが生まれ、現在も継続中の大規模な野外コンサート「春一番」が始まり、店は関西音楽シーンの伝説的な場所となる。大阪の街と時代の熱気と人のエネルギーに煽られるように、いつの間にか歌い手となっていた。

1971年に永井ようとザ・ディランIIを結成。シングル「男らしいって解かるかい/プカプカ」でレコードデビュー。 1974年の解散までに「昨日の思い出に別れを告げるんだもの」など5枚のアルバムを残す。 1976年、ジャズテイスト溢れるアルバム「遠い昔ぼくは…」でソロデビュー。以後、「風が吹いていた」「海と空 月と闇」「STREET STREET」「アイノウタ」「風のがっこう」「一輪の花」など毎回、趣の異なるアルバムを発表し続けている。1985年 から全国ひとり旅ツアーを開始。現在も北海道から八重山まで、1年で日本を一周する唄の旅を続けている。俳優として、NHK銀河ドラマ「この指とまれ」、NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」に出演。著書に旅のエッセイ集「月の散歩」「月の道標」「旅のスケッチ」などがある。」(Wikipediaより引用)

そして今年、谷口正晃監督作品『父のこころ』で、主演で映画デビューもされました。

(実はエッセイ「月の散歩」の最後の方には、当時はまだ世間的には染色家で通っていた、後に『チーナカ豆』のマスターとなる豆さんとの出会いも書かれていたりします。)



若いミュージシャンとも親交が深くて、今や有名になったハンバートハンバートも、
その昔、「ハンバートいいよ〜」と大塚さんに教えてもらってからすっかり好きになった私です。
本当にステキな人柄の大塚まさじさん。
唄を含めた全てを楽しんでもらえるライブになると思います。
そして、石窯で焼くカルツォーネも美味しいですよ!

老若男女問わず、多くの方に聴きに来てもらいたいなと思っています。




さて、最後になりましたが、今週末は江津の街歩きイベント「ふらり」へ出店します!
年々規模が拡大していく「ふらり」。
今回は「パン祭り」が同時開催。
関東で人気のパン屋さんも参加されるそうです。
パン好きにはたまらない企画ですね〜。
行きたいなー行けるかなー。

『チーナカ豆』はアフリカンプレートを中心に出店。
2種のレンズ豆とキヌアのごはん、モロッコ風野菜の煮込み、ナイジェリア風の野菜のトマト煮込み、サラダ、自家製サワー種の黒パン、にシシケバブorファラフェルを添えて。
という豪華なプレートをご用意します。
数量限定なのでお早めに!
軽食、お持ち帰りメニューとして、サバサンドもありますよ。
お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)



あ、そろそろユージンが帰ってくる時間です。
どんな顔して帰ってくるかな〜。
今日は遠足なくなったけど、明日は神楽の練習があるね!とでも言えば、すぐに笑顔になりそうです。
宅野こども神楽は毎月第三金曜日の夜が練習日。
最近はののも神楽にはまっていて、ユージンの卒園式のときの宅野おとな神楽「大蛇」の動画をよく見たがったりしています。
なのに、今日ののは自分で誤作動をして、動画を消してしまいましたexclamation
今後、どう取り繕う…?!
ちなみにののは神楽のことを「おばけ」と呼んでたり。

明日はののも連れて練習を見に行こう。







posted by 豆 at 16:44| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

「カカオラボ」

4月に入り、いつの間にやら後半に。
ブログが書けないままに、書くことがまた溜まってしまいました…。

ユージンの小学校入学やケータリング、トルコ・アフリカランチの予約、『チーナカ豆』建築部の仕事風景、、、などなど、話題にしたい内容がたくさんありますが、肝心の話に行き着けないといけないので、今回は前置きなしに、本題をお伝えします!





日が迫ってきましたが、とってもステキな、おすすめのイベントです。

1458460_595924023836175_8989200382237049757_n.jpg


「カカオラボ」

生のカカオ豆を手網焙煎し、
オーガニックな砂糖と合わせて
ピュアチョコレートを作るワークショップ。
原材料はカカオ豆、カカオバター、オーガニック糖のみです。
また、手綱焙煎をした珈琲豆で美味しく淹れるドリップの仕方も併せて学べます。

日:4月27日(日)
時間:11:30〜15:00
参加費:2000円(石窯ピザと出来立てのチョコレート、お飲みもの付)



主催者の竹林さんは、
「今はとにかくたくさんのヒトに本物のチョコレートを知ってもらい、インドネシアなどの国々のカカオ農家とダイレクトトレードをして支援できたら」という想いで、ワークショプを開催されています。


これまでは主に東京のカフェなどで開催されてきましたが、
初めてです。山陰での「カカオラボ」!
なるべくたくさんの人に来ていただけたらということで、通常3000円の参加費を今回は2000円、しかも『チーナカ豆』の石窯ピザのランチ付きという、とってもお得な金額でご参加いただけます。


タイムスケジュールは

11:30〜 カカオの焙煎(正味 1時間弱)から型に流すまでの作業

13:00頃〜 チョコレートを固めている間にお昼ごはん(石窯ピザ)

14:00頃〜 手綱焙煎した珈琲豆のドリップ講座をしながら、出来立てのチョコレートを食べる

15:00 ワークショップ終了(予定)



チョコレート好きさんにはたまらないし、
市販でよく売られているチョコレートとの違いを知るいい機会かなとも思います。


興味持たれた方はぜひぜひご予約ください!
お待ちしております。













posted by 豆 at 14:34| 島根 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

12/1(日)「リカとルカ」上映会&森山らきあライブ

昨日、7回目の「つむぐ」がありました。
手紡ぎのワークショップですが、ののが生まれた後で始まっているから、2年あまりの間に7回もやってきたんですね。
それはまるで、ちょっとばかし「教室」的な感じの数字な気もしますが、
ただただ習いに来るというよりかは、紡ぐひとみなさん、
糸を紡ぐという時間の中で、思い思いに自分の時間を紡いでらっしゃる気がします。
ふわふわしたもの(綿)を自分の手を使って、自分なりの一本の線(糸)にしていく作業。
その人の手しか作り出すことができない糸、それぞれが違う糸。
「つむぐ」という言葉はこのワークショップを始めてから身近になりましたが、素敵な言葉だなあと思います。
またそのうち8回目ができたら、みなさんぜひおいでくださいね〜。




579087_435810726527753_1051421979_n.jpg


さて今回は、今週末に迫った映画上映会の告知を再びしたいと思います。

映画「リカとルカ」上映会&森山らきあLive
  とき:12月1日(日)
  時間:18:00開場 19:00開演
  料金:2,000円 カルツォーネ+1ドリンク付

(なるべく予約をお願いします)


私自身まだ見たことがないのですが、私がこの映画を見たいなと思ったポイントがいくつかあって、今回はそれをお伝えしようと思います。


まずは、米子出身の監督が自ら機材を持ち込んでの上映会だということ。
一般の映画館でなく、うちのようなお店だったり、ライブハウスだったり・・・
そういう場所を好んで上映会を企画するのは、監督の想いがあってのことです。

「例えばミュージシャンが、ギター一本あれば何処でだってライブする様に、映画だって何処でだって上映したい。
(略)
カフェでの上映や、上映後のフリータイムなどで、友人やその場に居た人たちとおしゃべりする(別に映画の話なんかしなくたっていいのだ)。人と人のあいだにきっかけとして映画があって、人との距離が縮まる。あくまで主役はそこに居る人。
そんな空間を作り出すことができたら、と思っています。」(「リカとルカ」公式HP抜粋)


また、ロケ地が島根県。大社町の鷺浦や松江だということ。
私の実家は広島県の三次市なのですが、両親の里は松江と出雲。
なので、松江と出雲は小さい頃からよく行き来し、身近な町でありました。
また高校は、当時松江に住んでいた祖母の家に下宿?し、松江の高校に通っていたり、最初に就職した職場が出雲だったり・・・、トルコから帰ってきた後も、松江に住んでいたり、
そしてそして、『チーナカ豆』は松江の郊外、八雲町からスタートしました。
このように縁が深い町が、映画の舞台として撮られ、スクリーンに映し出されるのが興味深々でもあります。


 島根県出雲市大社町鷺浦
島根半島の西端。出雲大社の北側にあるその小さな港町は、その昔北前船で栄え、かの司馬遼太郎をして「この景色をいつまでも残したい」と言わしめた。
その美しい街並は、彼との約束を守るかのように、時代の流れから身を隠し、時を止めひっそりとその景色を現在に残している。

 島根県松江市 松江大橋
水郷と呼ばれる、街の真ん中に宍道湖を湛える山陰地方の中心地、松江。その南北を隔てる様に流れる大橋川に架かる松江大橋は、市民の重要な交通手段として、そしてその美しい姿は、この街のシンボルとして長く人々に愛され続けてきた。しかし老朽化と、数百年に一度と言われる大橋川の氾濫を防ぐ為の拡幅工事という二つの理由によって、その役目を終えようとしている。



島根県が舞台の映画もそんなにあるわけではないし、作った人と一緒に見れるということもなかなかあることではないのでは、と思います。


それからなんと、『チーナカ豆』で5回かな、ライブをしてくださった南正人さんが旅人ミュージシャン役で出演、ライブシーンもあるんです!
これも見たい!


もちろん、ストーリーそのものも惹きつけられます。
その辺のことはHPを見ていただくのが分かりやすいかなと思います。


上映前にカルツォーネも食べれるし、
上映後には劇中に流れる音楽が生で聴けるし、
ぜひぜひおすすめの、上映会です。


03061430_5136d48729d3d.jpg






posted by 豆 at 16:57| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

いとつむぎワークショップ『つむぐ』vol.7

先週末あたりから、急に寒さが増しましたね。
ちょうど宅野の文化祭があった日曜日は雨が降りましたが、それ以降は風も強くなり、
一昨日の晩は台風並み…
いやそれよりも風の音が強かった気がします。

容赦なく吹き付ける風に、山陰の海の冬が来た…と思ってしまいます。
でも、去年ぐらいまでは、この風に慣れる日は来ないだろうな、と思っていましたが、
今は、「今年もやってきたぞ〜」と季節の到来と思えるようになりました。
が、本格的な寒さはまだまだこれからですよね〜。

そう言えば、先日9号線を走っていたら、静間あたりの見晴らしの良いところで、
ふわふわと大きな雪のようなものが舞っていました。
でも辺りに雪は降っていないし…
なんとそれは、海岸に打ち寄せる波が強風で泡立ち、その泡が風に乗って舞っていたんですね〜。
泡みたいな雪、とは言うけれど、海から来る「雪みたいな泡」は初めて見ました。
何だかちょっと得した気分でした。



さて本題ですが、ふわふわ、と言えばこちら。
久々の「つむぐ」です。

1463358_540543312691078_2032174159_n.jpg



「いとつむぎワークショップ『つむぐ』vol.7」

*日時:11月24日(日) 14:00〜2、3時間くらい
*参加費:はじめての方は1500円
     2回目以降の方は1000円
     ・おいしいお菓子・お茶付き
     ・道具は貸し出しいたします。
      欲しい方には、糸つむぎセットの販売もします。
*持ってくるもの:初めての方→手ぶらでOKです。
         続きの方→箱織りしてみたい方は空き箱・はさみ・紡いだ糸を。
              編みをしたい方は自分の紡いだ糸とそれに合う編み針をご用意ください。

*つむぐ人(講師) かねつきじゅんこ
         「種をまき、棉を育て、糸をつむいでいます。」
         HP→「今、わたしがいるトコロ。


「5月にまいた棉の種。今年もぽこぽこはじけて、収穫ピークが過ぎました。
 コットンの日の「つむぐ」で種まきした『チーナカ豆』でも、無事に育った数本の木からほわほわ棉摘みができたもよう。
 少しだけど…と大事そうにかごに置かれているわたを見て、なんだかとても嬉しい気持ちになりました。 さて!
 そんな『チーナカ豆』で久しぶりの糸紡ぎ!
 裏の蔵で眠っていた古いふとん棉から、スピンドルという原始的な道具を使って紡ぎます。
 そろそろ薪ストーブにも火の入るころ。
 ほかほかやさしいぬくもりの中、くるくるゆるりと糸紡ぎ。
 糸紡ぎに興味あるよ〜!という初!のみなさま、
 久しぶりに紡ぎたいわ〜!という続!のみなさま、
 ごいっしょにいかがですか〜?!ご都合あえばおでかけくださいませ〜
 どんどるまシェフの「つむぐスイーツ」もお楽しみに〜!」
 

チラシの、「かねつきじゅんこ」ちゃんの文章をそのまま拝借させてもらいました。
興味を持たれた方はぜひぜひご連絡ください!
当日は石窯も焚きますので、ワークショップ前にピザもどうぞ〜♪
また、金・土は通常通り営業しております。
メニューはこちらです。お待ちしておりますぴかぴか(新しい)




ちなみに、『チーナカ豆』で収穫できた綿です。

1384122_525341117544631_19953630_n.jpg


何ポット分か蒔いた種のうち、何とか出てきてくれた2つの芽が、
暑い夏を耐え、咲かせてくれた花、そして実。
できた綿は全て、和綿の茶色いわたでした。
ふわふわでとってもきもちいいです。
このわたを紡いで糸にして、何かの形にできると、それはもう、うれしいだろうなあ。





posted by 豆 at 14:31| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

11月は2回の出店とふたつのイベント。

11月は毎週日曜日、どこかに出店したり、うちでイベントを行ったりしています。



第一週の日曜日は過ぎましたが、前回のご報告通り、無事にサンセットジャズを終えることができました。



そして第二週の今週日曜日は、「第6回 銀の國ぐるめまつり」に出店させていただきます。
場所は、大田市駅近くの、ファミリーデパート パル 東側駐車場付近。
時間は10:00〜16:00の間です。

「海の幸・山の幸、大田市に伝わる伝統料理、地域の素材を活かした郷土料理、自慢の特産品
など、"食"に関するお店が一堂に集まります !」
というこのイベント、
食だけでなく、パトカー・ミニ消防車展示、銀山あゆみ太鼓、三瓶そば早食い競争、大屋神楽、特産品が当たる抽選会、テンピー撮影会も!あるそうです。
何だか、子どもが楽しめそうな内容ですね〜。
ユージンののも喜びそうです。
個人的には、毎年宅野の例大祭で見ている大屋神楽もあるので、楽しみにしています。

『チーナカ豆』は大田の食材で調味した、定番だけどいつもと違うシシケバブと、
大田の食材をふんだんに取り入れた、安心素材のスイーツを販売する予定です。
天気がどうかな〜、雨が降らないといいな〜。



それから第三週17日(日)は、地元宅野の文化祭があるので、そこに出店しています。
当日は、保育園の出しもので、園児がマントやメダルやベルトをつけてアンパンマンダンスを踊るそうです。
ののはまだだけど、ユージンが出るので楽しみです。
アンパンマンは子どもたちの、永遠のアイドルですね。
ののもアンパンマンを「パンパン」、バイキンマンとドキンちゃんをセットで「キンちゃん」と言っております。



そして次、第四週24日(日)は、久々に糸つむぎのワークショップ「つむぐ」を開催!

resize1928.jpg


*日時:11月24日(日) 14:00〜2、3時間くらい
*参加費:はじめての方は1500円
     2回目以降の方は1000円
     ・おいしいお菓子・お茶付き
     ・道具は貸し出しいたします。
      欲しい方には、糸つむぎセットの販売もします。
*持ってくるもの:初めての方→手ぶらでOKです。
         続きの方→箱織りしてみたい方は空き箱・はさみ・紡いだ糸を。
              編みをしたい方は自分の紡いだ糸とそれに合う編み針をご用意ください。

「つむぐ」については、また改めて告知しますね〜。



そしてそして、12月になりますが、12月1日(日)は上映会&ライブがあります!

*映画「リカとルカ」上映会&森山らきあLive
  時間:18:00開場 19:00開演
  料金:2,000円 石窯で焼くカルツォーネ+1ドリンク付(要予約)

映画についての詳細は後日にさせていただきますが、
かいつまんで話すと、
松江を舞台に撮影されていて、
父親を海難事故で失い、大社の鷺浦で育った双子の姉妹が、突然カフェを任され、そこでいろいろな人と出会い、旅立っていく…
なんか、かいつまみすぎです。




「物語は島根県のこの二つの街を往来しながら、変わりゆくもの、変わらないもの、そこで産まれ、そこで育った双子の少女の旅立ちまでの成長と、彼女たちを取り巻く大人たちの再生の姿を描いていきます。」

「音楽、写真、旅、出逢い、別れ、語り継ぐ事、過去、現在、そして未来。
社会に出会う者、世界に触れる者、遠く旅立つ者、ここに残る者。
この世界はまるで違う万華鏡のように様々なビーズが絡まりあって光を放ち、きらきらと輝いている。
春まであと僅か、いつも一緒だった二人はそれぞれの役割を確認し合うように、自分の道を歩み始める為に今、旅立ちの準備をしている。」

「映画は二人の少女の旅立ちまでの物語を軸に、丁寧に撮影された美しい風景と、ドキュメンタリータッチで描かれる自在なカメラワークによって、そこで暮らす人々の生活をリアルに、そして幻想的に描き出します。」


とりあえず、公式HPの文章を抜粋してみました。
気になる方はぜひ、HPをチェックしてみてください!

  
また、映画の音楽に使われている、出雲市在住のミュージシャン「森山あきら」のミニライブが上映後にあります。
上映前には、『チーナカ豆』初公開のカルツォーネも召し上がっていただけます。
映画だけでなく、その前もその後も楽しめる企画です。
興味を持たれた方はぜひぜひ〜。

resize2365.jpg
resize2358.jpg
resize2357.jpg
石窯で焼いたカルツォーネ。・・・・美味しかった!

11月も盛りだくさんの『チーナカ豆』です。







posted by 豆 at 16:40| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

「10がつ30にち水ようびは 『チーナカ豆』でインドへ行く。」

日が迫っているのに、内容がなかなか決まらず、お伝えできなかった企画があります。

インド。
「神々と信仰の国」または「喧騒と貧困の国」といわれる。
5000年の歴史を誇り、多様な宗教、言語、文化を持つ民族がひしめき合って一つの文化圏を作っている魅惑的の国。


そんなインドを感じる企画です。
「神々」と言えば、ここ島根も神話の国。
旧暦の神無月には、出雲大社に全国の神様が集まり、「神在月」になります。
旧暦の神在月には一足早いけど、ここ島根でインドの文化に触れるのも、何だかすてきかも?

て、ゴタクを並べなくとも、来て納得、
ほんとうに、おすすめな企画なのですー!


インド2.jpg



まずご紹介するのは、だい2ぶの方から。

「シタールとタブラの即興演奏」

奏者:伊藤礼(シタール)と中尾幸介(タブラ)
   古賀光音(シタール)と加藤拓央(タブラ)


弦楽器のシタールと太鼓のタブラによる投げ銭ライブです。
インドの民族楽器の演奏会は、実は琴ヶ浜でお盆真っ盛りの8月14日に行いました。
これが本当に良かったので、また聴きたいなあと思っていたら、思いのほか早くに実現!
そして今回は石窯ピザとお飲みものもセットで、お楽しみいただけます。
お飲みものはアルコールもソフトドリンクも、ピザはベジピザも!


開場:18時 開演:18時半
料金:投げ銭式なのでチケット代は要りませんが、ピザと飲み物代の1000円をお願いします。

*準備の都合上、事前にご予約していただけると助かります。

演奏にはもともとの楽譜が特にあるわけでなく、その場の空気を感じながら即興で奏でられます。
その音色に、こころ真っ白に聴き入ってしまったり、
その楽調に、何かに思いを馳せることができたり、
それぞれの人がそれぞれのときを過ごせる時間になりそうです。


前回、琴ヶ浜で行われた演奏会の雰囲気動画。


さて次はだい1ぶ、ライブ前に行われる企画の紹介。

「インド刺繍のワークショップ」


インド刺繍のワークショップとはどんなもの?
今回のワークショップの講師を務めてくれる宮内愛姫さんから届いた文章を転記しますね。   
彼女のHPの刺繍作品、とてもとても素敵なので、ぜひ開いてみてください。

**********************************************************************************************
∴刺繍WORKSHOP∴

本場インドで修行してきた、刺繍のワークショップを開催します。
基本的な刺繍の技法や、その他刺繍に関するテクニック等々、インド小話をしながら進めます。
そしてそれらを練習した後に、ご自分の持ち込み服を是非カスタマイズしてあなたのオリジナル服に変えちゃいましょーー!!
ということで、刺繍を入れたい服をお持ち下さい。
時間内でしたらいくつしていただいてもOKなので、複数持ち込みも可です◎
基本的に無地をおすすめしますが、服じゃなくてもカバン・帽子・手ぬぐい・ふんどし・・・
縫えるものなら何でも大丈夫です。
※ただし素材は綿か麻か綿麻混合が縫いやすいので、素材の確認をしてください。
初心者の方、普段時々縫い物をされる方も
楽しんで頂ける内容となっております♪

開催地は、知る人ぞ知る?!穴場レストラン、チーナカ豆さんです。
ゆっくりした空気が流れる古民家で、のんびりしながら時には真剣に
「縫う・刺す」シンプルな作業をみなさんでやりましょーー♪

∴費用 2500円+お茶代500円 
 ※作業工程に必要な道具や材料はこちらで全てご用意するので刺繍を入れたい衣類のみお持ちください。


∴時間 14:00-17:30くらいまで    

∴場所 『チーナカ豆』 島根県大田市仁摩町宅野254
tel&fax:0854-88-4878  blog:チーナカ豆な日々

                                  
∴定員 6名   ※ご予約はチーナカ豆さんにご連絡をお願いします。
    

∴講師 宮内愛姫 
profile: 大阪出身。2003年より国内外の旅行を始め、2007年インド・グジャラート州カッチ地方でインド刺繍を学ぶ。
以後は学んだ技法をもとに、より独創的な作品作りを日々行っている。
現在京都府宇治市に拠点を移し、活動中。
これまでの作品や自宅でのWORK SHOP風景など、
以下のHPにてご覧いただけます。
「日々刺繍」

9月22日の作業風景.jpg
WORKSHOP風景。(HP「日々刺繍」から拝借)


**********************************************************************************************

最近刺繍に興味を持っていたどんどるまとしては、うれしい企画。
裁縫が特に上手くも好きでもない私ですが、
ひとつの刺繍が、何でもない生地を素敵に変えてしまう奇跡に、わくわくしてしまいます。
少しでも興味を感じた方はぜひ。
定員は6名。
お子さま連れでも大丈夫です!!
お早めのご連絡お待ちしております!





posted by 豆 at 14:31| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月02日

三つのお知らせ。

IMG_2503.JPG

モデル:のの


すっかり、ご無沙汰いたしております。
豆でございます。
なんとか死なない程度には生きておりました。

では早速ですが一つ目のお知らせ。

演奏会のお知らせでございます。

盆前の8月12日、馬路の琴ヶ浜で年に一度の『琴姫さまのお祭り』があるんですけれども。
夕方の7時から、琴姫さま、ご供養の儀式が執り行われるのですけれど、
ま、20分か30分。
そのあと、7時30分から琴姫さまへ思いを馳せながらのライブ。

『琴姫さまのお祭り』演奏会が始まります。

演奏してくれる人たち。

松谷将之
ヤマイヌノフグリ
「円」
ゲタ男's

これ、実は、可なり豪華なメニューです。
ちょっとやそっとじゃない演奏会になりそうなんですよ。
どんな夕暮れになるんでしょうね。
あぁ、今夜、ここに居られることが嬉しい、夕暮れの演奏会。

しかも、演奏会は無料です。
けれど、投げ銭式です。
タップリと投げ銭を用意して来て下さい。
そして、気に入った演奏(者)にお投げになって下さい。

この日は、海の家も開けていますので、食べ物や飲み物の注文もして頂けます。

琴ヶ浜では、毎年盆の13、14、15の三日間は、
砂浜に盆踊りのやぐらが立ち提灯が張り巡らされ幻想的な
夕暮れの空気が浜を包みます。
盆踊りは三日三晩繰り広げられ、
その前夜祭とも言える『琴姫さまのお祭り』
都合が合いましたら、是非とも、おいで下さいませね。


resize2168.jpg


琴姫さまの墓所にあったものです。可なり古いもののようですが作者不明。目が、目がちょっと怖いですけれど、見ていると目が慣れてきたのか、ちょっぴり可愛くもありますが、うぅむ、やぱり不気味可愛い。・・・か。


では、二つ目のお知らせ。

琴ヶ浜の『チーナカ豆』は久しくプレオープン中でしたが、
今週の土曜日、8月3日から、
「ホボオープンしました。」に切り替わります。
ついてはですね、ひそやかにではありますが、
土曜日の夕刻、琴ヶ浜の水平線に陽が傾き、ぼんやりと
いにしえの記憶に包まれ漂う夕刻。
地味にではありますが、琴ヶ浜の『チーナカ豆』
「オープニング・・・・・。」がスタート致します。

めにゅーは、


オープニングチラシ.JPG


追々に変わっていくはずです。
その時その時手に入る食材をおいしく食べていただく。
そんなことがやれたらいいなと思います。
テーマは、「ちょっと、嬉しくなる・・・・」ですね。



IMG_2482.JPG





おおー、それともう一つ、三つ目のお知らであります。

一つ目のお知らせ8月12日の「琴姫さまのお祭り」演奏会につづき
12日の次の次の日の14日にも投げ銭演奏会が決定致しました。

江津市在住のインド打楽器タブラ奏者の加藤拓央さんと、
そのお友達のシタール奏者(あっ!その方のお名前をまだお聞きしていなかった。ま、分かり次第お知らせします。)
の演奏会。
シタール奏者のお友達が大阪から島根に遊びに来られるのですが、
是非にも(?)『チーナカ豆』で演奏したいと申し出て頂きました。

では、
  「インド民族楽器タブラとシタールの演奏会」

いつ:8月14日 
   夕方6時ころ〜
だれ:
   シタール 高名哲郎
   タブラ  加藤拓央

どこ:琴ヶ浜の『チーナカ豆』でぇ

入場は無料。
ですが、心意気の投げ銭をご用意いただけると、嬉しい。
投げなければいけないということではないと思います、
投げたくなったらということですね。

シタールは知っておりましたが、
タブラという楽器の名前を初めて耳にしたので、
YouTubeで調べてみました。




生で聴いてみたいですね。
楽しみだぁ。



ではでは、ここまで読んでもらってありがとうございます。
ああ、雨が降り始めましたね。予報では、
きょう一日、雨のようですが、山間などで
土砂崩れも起きているようです。
あまり酷くなりませんように。・・・・おやすみなさい。


20120829173337561.JPG

2012年8月琴ヶ浜にて



posted by 豆 at 02:02| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでのイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。